統計から見た4年でスマホの利用率を29.8%上昇させたツールは? | ミッシェル・グリーン

統計から見た4年でスマホの利用率を29.8%上昇させたツールは?

カテゴリー:マーケティング

歩いていても電車の中でもスマホを手に持っている人は多いですね。
スマホ利用者の増加と共に利用者が増えた分野があります。

それは・・・

 

SNS(ソーシャルメディアサービス)

代表的なSNSとして、LINE、Facebook、Twitterがありますが、先生も何か使っているのではないでしょうか?


 

LINE、Facebook、Twitter等の6つサービスのいずれかを利用している割合をみると、全体では、2012年の41.4%から、2016年には71.2%にまで上昇しており
~中略~
年代別にみると、10代20代は2012年時点から利用率が比較的高い傾向にあったが、20代は2016年には97.7%がいずれかのサービスを利用しており、この世代ではスマートフォンやSNSが各個人と一体ともいえる媒体となっている。40代50代は2012年時点の利用率はそれぞれ、37.1%、20.6%であったが、2014年から2015年にかけ利用率が上昇し、2016年にはそれぞれ利用率が80%程度、60%程度となっている。

 


引用:総務省
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc111130.html

総務省のデータには、年代別の詳しいデータもあります。

 

たった4年で利用率が29.8%上昇!
2012年 41.4% → 2016年 71.2%

 

LINE、Facebook、Twitterを取り入れている年代が違うので治療院で対象としている年代に合わせて利用されるといいですね。

 

なので、治療院でまだSNSを導入されていなければ1つは入れてみるといいですね。

TOP> > 統計から見た4年でスマホの利用率を29.8%上昇させたツールは?