「続きはWebで!?」の後に来院に持っていくまで。 | ミッシェル・グリーン

「続きはWebで!?」の後に来院に持っていくまで。

カテゴリー:マーケティング

先生の治療院は、チラシを撒いていますか?

チラシの効果は、治療院によりマチマチですが、やはり出した方が良いです。

 

今回は、チラシについて書いていきます。

 

テレビで

「続きはWebで!」というCMを見たことがあるのではないでしょうか?

CMの15秒という限られた時間で、全てを伝えるのは難しです。

 

同じように、チラシも表面だけでなく、裏面を使ったとしても、
全部を伝えようとするのは難しいと思います。

 

また載せすぎると、患者様には見づらいチラシになってしまいます。

 

ホームページをお持ちの治療院でしたら、
チラシからホームページに流れる仕組みを作った方が良いですね。

 

チラシで説明しきれなかったことをホームページで説明できます。

 

患者様から「入ってみると良い院だけど、入りづらいね」や「ここの院、分かりづらい場所にあるね」と言われたことがある治療院などは、効果的ですね。

治療院の雰囲気や、詳しい道順を伝えることが出来ます。

 

他にも、
チラシを見た後、すぐに行こう、電話し予約を取ろうとする患者様だけでなく、検索して、調べてから行く人も取り込めます。

先生・スタッフは、どんな人?
治療院の雰囲気は?
評判は?

検索してから行く人は、結構多いです。

 

「チラシを見てすぐ行動する人」+「ホームページを見て行動する人」

ダブルで取り込めます。

 

チラシ作りに関しては・・・

本が何冊も出ているくらい、奥が深いです。

 

色々試してみると良いと思います。

例えば、2000枚のチラシを撒くとしたら、

反応率テストの為、2種類のチラシを用意し、1000部、1000部で配ると良いと思います。

また、一部手書きを入れるなどして、目を引くようにするなども良いと思います。

データが蓄積されていき、患者様が少ない時は、何枚撒けば、だいたい〇名くらい患者様がいらっしゃると一つの目安になり、安定した集客を作り出すことができます。

 

チラシからホームページへは、
検索窓や、QRコードで簡単に飛べるようにしてください。

患者様は、長いURLを入力したりはしません。

簡単にしてください。

 

繁盛店は、集客をやめません。

来院数が多い時でも、しっかり集客を続けています。

大変かと思いますが、チラシもぜひ活用してみてください。

TOP> > 「続きはWebで!?」の後に来院に持っていくまで。