やらせコメントはご注意! | ミッシェル・グリーン

やらせコメントはご注意!

カテゴリー:マーケティング

エキテン、Googleマップ、コメントや評価が少ないと、気になりますよね。
患者様もそこのコメントを読んで来院される方も多いと思います。

 

コメントや評価が少なくて、ついにやってしまうのが「やらせ」。

 

しかし、このやらせコメント、分かってしまいます。
Googleが機械でと言うよりも、人間の感覚として・・・。

 

例えば・・・


私は、パソコンに向かう時間が長く、首、肩、コリコリでした。
やろうやろうと思っていたのですが、運動する時間がまったくなく、近所の整体を探していたら〇〇院さんを見つけました。

早速、予約をして伺うと、受付の人が親切に迎えてくれました。

先生は、時間をかけしっかりカウンセリングしてくれました。
今の体の状況、痛みの原因、生活態度など・・・。

カウンセリング後、先生から治療方針、施術内容、金額、時間などを丁寧に説明してくださいました。
初回は、施術しながら口頭でも説明してくださるので、安心して受けることが出来ます。

毎回問診票に痛みの箇所、痛みのレベルなどを記入するので、治療してもらいたいところを無駄なく解決してもらえます。

最近、〇〇という機械も導入され、手技による施術+機械でパワーアップ。

先生は気さくなお人柄なので何でも話せます。
自分の体のことをよく分かって施術してもらう安心感があります。

本当によい整体院に巡り会えました。
友人にも薦めたい整体院です。

先生、いつもありがとうございます!


 

こういったコメントが連続で並んでいたら「あれ?」と思いませんか?

何となく違和感を感じます。

素人さんがテレビショッピングの司会をやるように、棒読み的な・・・。

 

忙しい現代人。
丁寧にコメントを書いてくださる方はまれです。

丁寧に書いてくださる方は、もっと熱のある文になります。

 

例えば・・・


私はインターハイの直前に腰を悪くし思うように動けなくなりました。
〇〇先生の院に駆け込み・・・

「レースには必ず間に合うようにするから大丈夫だよ!」と先生に励まされ、

レース当日は全く痛みがなくなっていて、体を気にせず全力でレースすることができました。

先生、ありがとうございます!


これくらいの緊急性があって、それが改善した時に、長い、良いコメントが来ます。
それも、10~20あるコメントに1つあるかないかです。

 

だいたい、普通のコメントは、

ぎっくり腰でお世話になりました。
2回目の施術で、だいぶ良くなりました。
ありがとうございます。

こんな感じです。

やらせコメントになるとつい院の思惑が入ってしまい、あれも、これも入れたくなります。

情報が溢れ、患者様の目も肥えてきているので「やらせ」はバレます。

また、良いことばかり書いたコメントと、実際の治療院にギャップがあると、悪い評判になってしまいます。

 

患者様からコメントを貰える工夫をしてください。
「コメントを貰うには?」にフォーカスしていると、色々な所からアイデアが拾えると思えます。

通販サイトなどは、「コメントをしてくださった方には、次回、クーポン券を差し上げます」とか、「送料無料」などがありますし、マクドナルドさんの「ご一緒にポテトはいかがですか?」ではありませんが、「良かったら、コメントくださいね。」の一言を必ず言うでも違うと思います。

患者様が書きたくなるよう工夫してくださいね。

TOP> > やらせコメントはご注意!