ホームページがあっても成果に繋がらない治療院の特徴 | ミッシェル・グリーン

ホームページがあっても成果に繋がらない治療院の特徴

カテゴリー:マーケティング

「治療院のホームページを作ったんだけど、成果になってなくて・・・。」という先生の声をたまに聞きます。

 

ホームページ完成後、編集したり、ブログの更新したりしてますか?と聞くと、

 

「ホームページって完成後に何かするの・・・」

 

ホームページは、チラシと似ています。
治療院の宣伝のチラシを作ったら、その後「撒き」ますよね。
それと同じで、ホームページも完成して何もしなければ、チラシの原稿が完成したのと同じです。

広めていかなければいけません。
ホームページの完成=そこからがスタートです。

 

リアル店舗で周りにライバル院が多い場合、インターネット上でもライバル院が多くなります。

 

ライバル院よりも検索順位を上げる為に、やはりホームページのことを知っておく必要があります。

例えば、こちらはGoogleがだしている品質に関するガイドライン


 


引用:Google ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

信頼できるホームページ業者を持っていない場合、こういうのにも目を通しておく必要があります。

ホームページの機能、仕組みというよりも、検索の仕組み(SEO)について知っておくと良いです。

 

ホームページがあっても成果に繋がらない院の特徴として、院長の「俺、ホームページことわからない!」があります。
もちろん、全部を知ることはないのですが、全部を業者任せ、全部をスタッフ任せにするのは、危険です。

スタッフが辞め、全然管理出来なくなったという院もあります。
また、先生が詳しくないことをいいことに、騙してくる業者もあります。

 

自分のビジネスを自分以上に真剣に考える人はいません。

業者、スタッフに丸投げにしないでください。
ホームページは、わからない!を口癖にしないでくださいね。

TOP> > ホームページがあっても成果に繋がらない治療院の特徴