ウェブマスター向け公式ブログ 医療や健康に関連する検索結果の改善について | ミッシェル・グリーン

ウェブマスター向け公式ブログ 医療や健康に関連する検索結果の改善について

カテゴリー:マーケティング

もくじ

治療院に影響は?2017年12月6日発表の医療・健康の検索エンジン結果

Googleは、定期的にウェブマスターブログで検索エンジに関する情報を提供しています。

ウェブマスター向け公式ブログ 医療や健康に関連する検索結果の改善について
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

 

その中でも注目を浴びているのが「医療や健康に関連する検索結果の改善について」の改善でアクセスが半減した院もあれば、来院数が減った院、逆に増えた院もあります。

 

アクセス数と来院状況が見えてきたので今後の参考にしてください。

 

まとめ

ここまでをまとめると、医療、健康に関するサイトの検索順位が変動しました。
ざっくり、信ぴょう性のないサイトが消え、医療従事者のサイトが上がる傾向にあります。

 

このような内容のブログ記事を書いている院も検索から落ちてました。

素人投稿型医療情報サイト(誰が運営しているか、誰が書いているかわからない健康関係のサイト)

キュレーションサイト(ニュースや他サイトの言葉を抜粋して作られたページの集まり:NAVER まとめのようなサイト)

Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋、教えてgooのような質問と回答サイト)

 

ブログでアクセス集めていた院がアクセス半減していました。

 

画像のように1日500前後あったアクセスが250まで半減。

 

その院は、上記のような医療に関するノウハウ系のブログをアップしておりました。

整骨院のブログであろうと、関係なく信ぴょう性のない医療情報は落ちるということがわかりますが、ブログ記事から、その院もまた、信ぴょう性のない検索上位表示されていた個人投稿型のホームページから情報を取得しているような記事でした。

社会的に問題になる誰が投稿しているかわからないようなサイトが消えていますが、、一緒に治療院のホームページで似た情報をアップしている院も一緒に落ちてます。

 

特定の症状ページからの集客が明らかに減った。

交通事故や産後骨盤矯正のような特定の症状の患者さんを安定して新規集客していた院が落ちている事例もあります。

それには、2つの可能性があり、そのページがどこかの信ぴょう性のない医療情報サイトから文章を抜粋して作られているか、医療専門用語が多く理解されないケースの可能性があります。

信ぴょう性のない情報の改善かGoogleの発信するわかりやすい情報発信によって、集客数は改善させることが可能です。

 

特にアクセス数が変わっていない院

ホームページが完成から特に触れていない院は変わらず。
ブログではなく、サブページ形式で症状ページを増やしている院もアクセス数は変わらず。

 

都内の院は集客数が増える。

素人投稿型医療ノウハウサイトが消えた影響と考えられます。

 

院によって、アクセスに不安定さがある。

まだ、アクセスが上下し、基準値が見えない状態の院もあります。
ブログ記事が多い院がなっているので良い記事とノウハウ的な記事の順位変動と思われます。

 

以上です。
改善策は、信ぴょう性のある情報であり、わかりやすい情報発信が鍵ですね。

 

Googleアップデートによる数字低下事例

アクセス半減

 

1日500アクセスあったホームページが250アクセスまで低下
ホームページ来院数低下

 

毎月8名来院から1人に。

埼玉県の整骨院
11月までホームページ来院平均8名前後
12月1名まで低下

 

毎月10名前後の来院から2人に。

宮城県の整体院
11月までホームページ来院平均10名前後
12月2名まで低下

 

来院数が低下し計測中

神奈川県の整骨院
11月まで毎月同じ来院数
12月より数値低下(計測中)

 

産後ママの新患低下

名古屋の整骨院
12月より産後新患の低下

 

現在までのGoogleアップデートによる数字低下による報告

 

低下対策

順位低下に共通点と対策があるので解説致します。

 

パターン1 ノウハウ系ブログでアクセスを集め集客

11月までは、ホームページが上位表示でき、新規来院数も多かったけれど、Googleが対策をしてからの12月に入ってから、アクセス数が低下、新規来院数も低下している治療院の例があります。

Google Analyticsを見ると、トップ10記事がアクセスのほとんどを稼いでおり、そのほとんどがブログ記事でした。11月と12月の記事アクセスランキングを比較してみると、11月にトップ10に入るアクセスを集めた記事が12月に半減。

そのことから、それらの記事がアクセスと来院を作っていたことがわかったのでそのページに書いてあるノウハウに根拠を記すことで順位上昇させています。

 

この場合、過去に上位表示できていたことから、『有益な情報』はクリアしていたので『信頼できる情報』にしてあげるだけで前のように上位表示できるのです。

これが『有益な情報で信頼性がない例』です。

 

パターン2 なぞの来院数低下

患者様の声、Before After、症状解説、数字が落ちていない治療院とほとんど同じ内容のはずが、新規数の低下が起こっています。
共通点は、ホームページ集客が毎月新規10名前後であること。長文によるページ解説がされていることです。 

 

2017/12/6のgoogle発表を治療院に当てはめると?

医療や健康に関連する検索結果の改善について
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

 

各箇所を治療院で当てはめて解説してみました。

 

医療関係者情報を上位表示しやすいように。

今までは、誰が投稿しているかわからない健康関係のサイトが多く存在していました。
信ぴょう性の無さから、そのような個人運営型の健康関係のサイトが軒並み順位下降し、医療従事者、専門家、医療関係者等が提供する情報が信頼性が高いこと、それが有益な情報であるなら上位表示されやすくなりました。

治療院の先生のホームページ、ブログも上位表示しやすい分類にあたると思われます。

その変更は、医療と健康関係に60%の影響を与えているだろう。とgoogle発表でした。

 

健康以外にも。

治療院では、美容関係も施術される院もあると思います。
今後、医療と健康関係以外の業界にも適用されるそうで、ダイエットや美容関係も入ると予測されます。

 

Googleから先生へ改善提案

検索結果から、医療専門用語より日常会話で使う平易な言葉で情報が検索されている大半であることを明かしています。

日本の信用できる医療・健康関係のコンテンツは数多くあるものの、一般ユーザー向けの情報が比較的少ないということでした。

一般ユーザーが検索するキーワードをもとにページを作成すれば、上位表示と来院を増やす可能性があります。

そもそも専門用語を多用したら、専門用語では検索が少ないので見つけられず、読まれても内容がわかりづらく来院に至らないという話です。

Google search console の検索ワードが専門用語ばかりなら、一般ユーザーの多くは検索していないのでホームページにたどりつけないでしょう。

 

以上が今回の記事の内容でした。

 

医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、


医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。


Google ウェブマスター向け公式ブログ: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

 

この言葉は、今後、検索上位表示するためにとても重要な言葉だと思います。

 

 

まず、一言目にある言葉の!


医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、


 

『されるような』なので『医療従事者や専門家、医療機関等から』提供されたホームページが上がりやすいのではなく、『医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、』情報です。

医療従事者や医療機関が提供する情報とは、どのような情報なのでしょうか。

 

まだ検証途中ですが、論文は1つ言われています。
ただ、論文は、一般の方にはわかりづらく、『有益な情報』にはマッチしていないようです。

 


ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。


Google ウェブマスター向け公式ブログ: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

 

そのことから、
『一般の言葉で解説され、論文で証明されている情報』が上がりやすいと推測されています。

 

医療・健康関連で最近、上位表示している傾向のサイト

2017年12月のGoogle検索アップデートから上位表示しているサイトがひどい。

例えば、「肩こり」で検索してみると。
1位 東京医大講師
2位 ウィキ
3位 製薬会社
4位 製薬会社
5、6、7位 からだファクトリー
8位 テレビ番組

この順位に個人の体験した感想が全く上位表示されなくなり、見つけることが困難になったことから今回のアップデートに批判が出ている理由もわかりますね。

上位表示しているサイトは、今までの健康に関するノウハウ記事のままです。
現在、上位表示している記事は、以前の記事より情報量や質は劣っています。

ただ、上位表示している理由は明白です。
・大学教授 医大卒業 米国何とか大学留学の人が書いた。(信ぴょう性)
・顔写真、名前入り(信ぴょう性)
・製薬会社(信ぴょう性)
・大手(信頼性)
・テレビ番組(信用性)

医療・健康に関して、Google検索アップデート後、どのようなホームページが上位表示しているかですが、誰が書いたかわからない健康に関してのノウハウホームページはトップ10からは消えてますね。

医療関係者がまだ、各地域ごとに記事を出していないので良いですが、各地域まで攻めてくることがあれば、治療院はどんどん下位に落とされ、来院者が減る可能性がありますね。

 

より信頼性が高く有益な情報が上位に。


医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。


Google ウェブマスター向け公式ブログ: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

 

上位に表示されやすい情報として、「より信頼性が高く有益な情報」と記載があります。

信頼性:裏付けのある信憑性のある情報であること。
有益な情報:ユーザーがほしい情報を与えていること。

今までは、『有益な情報』が上位表示されやすかったです。
それに医療と健康に『信頼性』が追加されたように見受けられます。

現在で検索から落ちたサイトは、Q&Aサイト、個人投稿型健康サイト、キュレーションサイトといずれも、共通点があります。

・誰が投稿しているのかわからない。
・投稿されている情報が真実か定かでない。

この2点です。

特に医療と健康は、人の生き死にが関わる重要な事なので『有益な情報』なら上位表示させることから『信頼性』のあるものであること。を入れられたのでしょう。

 

「より信頼性が高く」具体的に何が信頼性にあたる?

より信頼性が高く有益な情報が上位に


 

「より信頼性が高く」の裏には、誰が投稿しているかわからない情報とその情報が真実であるかを証明がされていないことが、検索下降の原因でした。

そこで我々が最優先でやることは、信頼性を上げるために信ぴょう性を作ることです。

検索順位下降の原因となった改善事例、ノウハウの提示、改善方法の提案、これらに信ぴょう性を付けてあげるのです。

信ぴょう性をつけるにはいくつか例があります。

 

論文の引用

医師の論文で引用可能なものがあります。
先生のノウハウや症状の改善方法を証明し、信ぴょう性をつけ、信頼させる情報にすることができます。

 

実例による事例

実例は、実際に起こっていることなので信頼に値します。
あとは、写真や動画で実例が真実であることを証明できれば良いのです。

 

一般公開されている証明されているもの。

一般公開され、証明された真実を引用することもできます。
論文を引用することに似ていますが、他院で実証された実験結果に基づいて、紹介できます。

ただ、整骨院業界では数件から数十件の事例で改善が証明されたように報告されることが多いですが、医師の世界では数百人、数千人に利用し、その「%」で報告されます。

引用する場合、このレベルでの証明された情報が良いでしょう。

 

書籍(医療従事者の)

医師や専門家の書籍の引用を利用し、証明する方法です。

 

我々に求められているのは、なぞのNo.1や施術実績2万人のように証拠されていない不確かな情報のように、改善方法や改善ノウハウが真実であるか不確かなので、それを真実であることを証明し、信憑性が上げることが上位表示につながります。

信頼性にを得る要素はまだまだあります。
最も上位表示になる信頼性ある要素を見つけましょう。

 

有益な情報

より信頼性が高く有益な情報が上位に


 

Googleの言う「有益な情報」基準は、今までと変わらないとみています。

「有益な情報」とは、検索する患者さんにとって有益な情報であることが上位表示のきっかけになります。

それは、時代の人の基準によって変わります。

 

今回のアップデートでGoogleのシステムはアップデートされましたが人間は今まで通り変わらず、患者さんがほしい情報を提供できなければ、Googleも検索されなくなってしまうので、

有益な情報は、アクセスが多い、お問い合わせにスムーズに到達するなどの要因が見られるとみています。

 

まとめると有益な情報基準は、日々人々の価値観によって変わり、現在まで、上位表示をキープしているホームページを見る限り、そこまで変化がないようにみています。

 

専門家に難しい「日常で使われる言葉」

一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。


 

今までNAVERまとめやYahoo!知恵袋、医療を少しかじった個人が書籍を読みまとめたかのような健康関係のサイトがなぜ上位表示していたか?

それは、医療を少し知ってて、素人同士で理解しやすいからです。

検索する人は、一般人です。専門用語やその意味、効果を知らないので検索します。
検索される言葉の大半が一般人が日常会話で使う、簡単に理解される医療や健康に関する言葉で検索しています。

 

医療や健康を勉強すればするほど、一般人と言葉の差が出て、長年、医療に関わっている人は一般人のところまでおりることが大変だったり、もうその領域が理解できず、降りられなくなっている方もいます。

だから、医療従事者や専門家のサイトが一般人に理解されづらく、検索でも上がりづらく、一般の医療や健康をちょっとかじった素人が作ったサイトが上がりやすいのです。

 

最後の一文でもあるように有益な情報のホームページはたくさんあるものの、それは内容が難しく一般ユーザー(患者)向けではない情報が多いということがわかります。

 

医療や健康でレベルの高い次元にいる期間が長いと、もう一般のレベルがどれくらいかわからなくなりますのでそのときは、短期間しか働いていない、医療経験が全くないバイトに先生が書いた言葉を翻訳してもらい一般の言葉に訳してもらえると理想とするサイトは作りやすいでしょう。

それは、先生の知識、知恵、証明がされており、一般的な言葉によって、患者さんにも理解されやすくなります。

結局、その言葉が患者が検索するほとんどの言葉なのです。

 

一般検索ワードの理解1

医療従事者や専門家の言葉は、本や論文があるのでいくらでも取得できますが、一般人の医療や健康の言葉を知ろうと思うと市場調査をしない限り手に入りません。

 


ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。ユーザーがあなたのサイトを見つけるために使用している検索キーワードのリストは、Search Console で確認することができます。もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。


 

Google Search Console を利用すれば、主に検索されているワードが何なのか調べられます。
ただ、そもそも何が医療や健康の専門用語にあたり、一般人が何の言葉が理解できるのかを知らない先生にとってはGoogle Search Console でキーワードが並んだとしてもそれが良いのか判断がつきません。

そのときに使えるのが、こちらです。

 

関連キーワード取得ツール(Google検索キーワードが見れる)
http://www.related-keywords.com

 

Google検索トップ10を知ることで一般人が何の医療、健康に関する単語を理解しているのか?専門用語でぎりぎり理解できる言葉がわかります。

これらの言葉とGoogle Search Console で自院のホームページで検索される言葉を比較してみるのです。

 

それによって、専門用語なのか一般的な言葉なのかを見ることができます。

 

適切なアクセスキーワード

ユーザーがあなたのサイトを見つけるために使用している検索キーワードのリストは、Search Console で確認することができます。もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。


 

今回のアップデートの記事で、Googleはどのような内容が適しているかアドバイスまでしてくれています。

この例が医療・健康業界で最も有益な情報でなくなる多い要因なのでしょう。

そして、紹介にもあるようにGoogle Search Console では、このように検索エンジンから何のキーワードで何回クリックされているかを見ることができます。

 

このキーワードとクリック回数は、とても良い例ですね。

・一般人の日常会話で利用される言葉で検索されている。
・クリック回数が多い。
・専門家しか知らないような専門用語がない。

まさにGoogleが理想とするような、専門用語が少なく、一般の患者さんが理解できる内容でホームページが構成され、検索されるキーワードも一般の人が日常会話で利用する単語で作られています。

ホームページ内に専門用語がなければ、検索されることはないので、専門用語で検索されていたり、アクセス数が少ない時は、専門用語の多様が原因の可能性が高いです。

これによって、有益な情報でなくなってしまいます。

 

健康・医療のアップデートの意見

・ためになるホームページから医師、薬剤師のホームページが優先され、意見が偏っている。
・上位表示されていたのは、医師、製薬会社のホームページばかり。

この意見が最も多いですね。

 

それに対して、

・医療を扱う情報では必要なアップデートだった。

という意見もあります。

 

まだ変更されたばかりで「筋トレ」で検索し、星占いサイトが出る程のバグがあるようですが、また少しずつ改善していくでしょう。

 

今回のアップデート結果は、今後のGoogleの医療検索ボリュームを見ていけば、良かったのか悪かったのかわかっていきます。

 

医療・健康のアップデート以降、下がった順位が改善した事例

2017年11月まで毎月10名前後の院が2017年12月のアップデートから2名に減少しました。
それから2018年1月は14名まで上昇。

 

事実である証明

それに至った編集は、信ぴょう性のない曖昧な表現を削除しました。
具体的には、すべての患者様の声に写真を入れたり、パッと見たときに本当か嘘かわからない状態を解消しました。

 

リンク掲載

ノウハウ記事は、それが本当である信頼のあるホームページリンクを貼りました。

例えば、肩こりの治療法を温める治療をしているとしたら、温めたら改善に良いことを書いている製薬会社のページリンクを掲載、ノウハウが本当であることを証明します。

 

不備修正

リンク切れなどのホームページ内の予期せぬ出来事を編集しました。

 

以上で集客数が戻ったというよりも、以前より上がっていることから、信憑性への比重が上がっていることがわかりました。

 

まとめ

今回のGoogle検索エンジンのアップデートによって、いくつか見えてきたことがあります。

 

・製薬会社が上がっている。

利権と思われそうですが、これは、1つの薬を提供するのに数十、数百、ときには数万人単位の臨床の結果、出している情報であるという裏付けでしょう。

ここを基準にされると、個人で書籍やネットで調べた情報をまとめた人、1店舗の整骨院経営者では太刀打ちできません。

ここで検索結果のユーザーから問題になっていることがあります。

 

・有益な情報より信ぴょう性の優先順位が高くなっている。

個人がどんなに事実であり、素晴らしい情報を提供していたとしても信ぴょう性のない、事実かネット上では確認できないことでは、上位表示しづらいということです。

健康は、人の命を左右することなので、有益な情報か信頼性では信頼性を取ったのでしょう。

 

・提供者の情報が増え、ユーザーの情報が減った。

医療従事者からの情報が上がりやすく、個人の体験ブログが見つけづらい結果になり、個人の生の声を探しづらくなりました。

個人の声も提供者がホームページ上で公開する声を参考にするので、上位表示しているホームページがより有利になりました。

ここのバランスを取るのは、個人は口コミサイトで意見を書くことができるのでここで判断をさせるのでしょう。

 

例えば、「ひどいアトピーだった人が治った!」という個人の生の声で作られたブログも、そのほとんどが実名を明かさず、写真や体験が事実でも。

・誰かわからない。
・本当かわからない。
・事例が1つで複数であるわけではない。
ため上がりづらいのでしょう。

 

・上位表示するホームページは。

今までは、有益な情報を発信していることが信頼性にあたっていました。

現在は、信頼できる人、信頼できる情報で有益な情報だから上位表示する。という流れが見えてきました。

 

・有益な情報を発信してもそもそも見つけられない。

これから、ホームページの構成はただ、有益な情報を提供するだけでは、そもそも検索で上がらず、見つけられなくなるので、信頼性を考えた構成にすることが、必須になりました。

 

・ブログで良い情報を提供する!

健康関係のことをブログで書き、アクセスを集めようと、有益な情報を提供したとしても、信頼性がないばかりにそもそも検索で上がらず、ブログが見つけられずに見られない状態になり、報われないよう結果になりやすくなります。

TOP> > ウェブマスター向け公式ブログ 医療や健康に関連する検索結果の改善について