サポート | ミッシェル・グリーン

サポート

カテゴリー:マーケティング

HP完成から一番辛いのは、3ヶ月目~8ヶ月目

ホームページ完成から、2ヶ月以内というのは結果が出なくても我慢できます。
「まだ、完成して1ヶ月(2ヶ月目も同じ)しか経ってないからな。」と。

ただ、3ヶ月目になると。
「そろそろ、結果になってほしい・・・。」と思い始めます。

5ヶ月目で集客のために行動をしていて、新規が集まらないと。
「もしかしたら、集まらないんじゃないか。自分がやっていることは大丈夫だろうか。」と思います。
「毎月サーバー料金もかかって、どうしたらいいんだ。」

ただ、8、9ヶ月目になると大きな変化があります。それが開き直りです。
「結果が出ないなら、出るように頑張りましょう!」と
結果が出なかったこと、サーバー料金はもちろん気にしてはいるものの開き直るのです。

そうなると、結果になるのが早いです。
この開き直りをしてから、集客が集まるパターンはとても多いです。
先生によって、開き直るのが早い先生もいます。

これは、別の言葉で「吹っ切れる。」という言葉が近いでしょうか。

 

まだ、吹っ切れる前というのは。
・ホームページが良くないのでは?
・サポートが悪い?
・教えてもらっているノウハウが間違っている?

相手にホームページ成果の責任を持たせている間は、このように考えます。

ただ、ホームページが自分の所有物で自分で結果を上げなければならない。
結果が上がっていないのは自分の責任だ。と思えるとすっきりします。

それが吹っ切れた瞬間で、それから先生はホームページに対して積極的に動けるようになり、結果になります。

 

なので、3ヶ月目から8ヶ月目というのは、とてもつらく、逃げ出したくなります。
ここでサポートを中断し、ホームページ集客への行動を諦めてしまうと、その後、2年、3年放置して置いておいたとしてもサーバー料金だけかかり、集客が増えることはありません。

ここが正面場なのです。

 

サポートする側も先生が辛い思いをしていることを他人事のようには、見ていません。
向き合うと決めたからこそ、辛い時も毎月、あまりにも結果になっていないときは毎週のサポートをしているのです。

3ヶ月目~8ヶ月目は、「結果から逃げない。」
それが我々がしている本当のサポートテーマです。

 

「親身になってくれるからよかった。」

ご契約いただいた先生によくいただく言葉でミッシェル・グリーンでは、それをあたりまえとしてできるよう努めております。

もちろん、先生によって、距離がある方もおりますが、そういった先生方、お一人お一人に支えられ、今を築くことができているのでお久しぶりのご連絡でも歓迎しております。

 

「親身になってくれるからよかった。」というお話では、もちろん、ホームページ集客の話もしますが、

それ以上に、年に1回、お会いさせていただいて、らーめん屋でビールをご一緒に飲みながら、今後、院をどうしたらいいだろうか?だったり。

1年経ち「ご結婚したい人がいて、喧嘩して怒られたんです。どうしましょう。」なんて相談があったり。

そういった一つ一つの解決が我々の関係を構築し、良い関係を作り、先生が親身さを感じてくださっているのだと思います。

 

ときには、先生が言われたくないこと、我々は「これを言ったら嫌われるのではないか。」ということも本当に先生のためになると思えば、それは口に出して言います。

それが本当に先生のことを考えているからできることだと確信しています。

親身とは、事細かく心配りができること。
これからも先生との距離を縮め、集客についても相談しやすい環境を作って参ります。

 

ご一緒に成果を上げたいです。

ホームページご契約になっても、先生の成果が上がらないと先生も不幸せですが、私も喜べません。

『お金だけ』と割り切ってしまえば、「先生の成果は先生が自分で出すもの。」と割り切れますが、お電話で何度もお話して、ときには飲みに行って、子供が生まれた、海でえびせん食べた、奥さんに頭が上がらない。笑

そんなお話をしていると、人としてお金で割り切ることができないんですね。

 

ホームページの問題、先生自身が解決しないといけない問題に向き合えないときに、向き合ってあげたいと思うのは、こういう経緯があるからなんだな。と最近、思います。

なので、成果が上がるまで、それを継続して上げられること、またその数字を上げていくことにサポートさせていただくので、是非、ご一緒に成果を上げましょう。

 

TOP> > サポート