2018年トレンドデザイン(デザイン成功事例) | ミッシェル・グリーン

2018年トレンドデザイン(デザイン成功事例)

カテゴリー:マーケティング

フラットデザイン(FLAT DESIGN)

 

色合いによって、立体感を作ったり、ときには戦略的にゴチャゴチャしたイメージを作ったりしますが、フラットデザインは、不要なものをなくしたデザインです。

「シンプルが一番」をタイトルに来院させるために迷わせない、困らせないようにしたわかりやすく、理解しやすいホームページにしたものです。

デザインでシンプルにすることは難しく、色々な色や模様を付け足して綺麗にすることはどのデザイナーでもできます。
ただ、削って、削って、必要なものしか掲載せずに綺麗にすることができるデザイナーが少ないのです。

 

文章でも同じことを行います。
こんなにたくさんのメリットがあるという付け足したい説明、他院で説明しているので負けないようにこれも追加して、どんどん文章が増えてしまいます。
フラットデザインは、追加形式ではなく、メリットや院の特徴を一覧化した後、患者さんにとって、必要なことだけ残し、すべて削除します。

文章が多くなると、シンプルさが失われるため、文章も不要物はすべて取り除きます。

 

文章とデザイン、両方の不要物を削除し、シンプルにすることでフラットデザインが完成し、見やすくわかりやすい、ほしい情報がほしいところにあるホームページになります。

 

 

アニメーション(ANIMATION)(制作実績)

参考

http://www.shiseiya.com/

 

http://www.seitai-smile-days.com/

 

http://www.yuzuseikotsuin.com/

 

アニメーションは、動きのあるホームページです。
従来のホームページは、静止画で作られており、動く部分といえば、最初に開いた画像を横にすべるスライドさせたり、映像を入れたりしていました。

それとは、全く違うシステムによって、ホームページの読ませたいところを動かし、注意を集め読ませる。

そのようなシステムです。

 

日本でも作成している会社は少なく。
・作成ができてもデザイン性が悪かったり。
・動きにバグが起こったり。
・システムで動かし編集できなかったり。
・PCは問題なくてもスマホでバグが起こったり。

多数の問題を抱えています。

そんな中、バグがほとんど起こることがなく、作成を実現できました。

まだ、業界でも少ないので患者さんの注意を集めやすく集客も出来ている確率が高いです。

 

写真コンテンツ(Photo Content)

四谷Harry様

 

ご覧の通り、無駄な情報がないシンプルなホームページです。

 

文章も最低限で伝わる内容を掲載!

 

 

 

基本的にイメージと見出し文章で理解させます。

説明も一言二言。

それがシンプルです。

 

そして、美容なので綺麗な写真を用意しました。

綺麗なホームページは、綺麗なデザインではなく、綺麗な写真によって作られます。

綺麗な写真は、綺麗な内装で作られます。

 

内装が綺麗な院は、綺麗なホームページとなります。

 

ジオメトリック模様(Geometric Shapes)

2017年末に公開された2018年流行りのトレンドカラーの一つであるジオメトリック。

ジオメトリックとは、例えば、このツルの柔らかいカーブのようなシャープなイメージです。

 

シェイプでシンプルでありながら、クールでオシャレなのがジオメトリックです。

この模様を実現した院こちら!

 

三徳接骨院様
http://www.3109.info/

やわらかい施述イメージに硬いジオメトリックのイメージを合わせて、柔らかいツルやところどこり意思の硬さをイメージと施術イメージの柔らかさを出しました。

公開からすぐに新患も来院され、素晴らしいスタートを切れこれからが楽しみです。

 

ジオメトリックは、施術が得意でありながら、人としての関わりを大切にされる先生には、柔らかさを出してあげると、イメージが近くなります。

TOP> > 2018年トレンドデザイン(デザイン成功事例)