治療院で2018年9月28日のSEOアップデート乗り切りには? | ミッシェル・グリーン

治療院で2018年9月28日のSEOアップデート乗り切りには?

カテゴリー:マーケティング

2018年8月1日に比べれば大きな変動ではない。

9月28日のアップデートは、8月1日程ではないものの順位変動に影響をもたらしています。

8月1日に急降下した治療院に順位回復しているケースが多いです。

回復傾向も9月28日から1週間、2週間ではなく、2,3ヶ月かけて順位が回復していった治療院が多かったです。

9月28日以降さらに順位が落ちた治療院もあります。

 

8月は上がり、9月から落ちたパターン

 

8月に落ち、9月も変わらずパターン

 

8月のみ急上昇パターン

 

9月数カ月後に落ちたパターン

 

9月落ちて勝手に回復パターン

 

 

これらのパターンは、治療院によって違いますが求められていることは同じです。

 

2018年9月パターン

検索で落とされたキーワードは、お問い合わせにならなかったキーワードです。

キーワードに適したページで再度、上位表示できます。

 

これからの対策は、現在、上位表示しているページをより上位に上げることが望ましいです。

下位に落ちたものはその後です。

 

独自性ではなく、10位以内にあるページと似たことを書く。

以前は独自性で今回は、似た10位以内に入っているホームページと似たようなことを書くことです。

 

検索キーワードとページの内容が一致していることを厳格に。

ページ対策、タイトル、キーワード、デスクリプションも適切に対策することです。

そして、アクセスが入り、適度な時間、滞在していること。

これができれば、上位表示しやすいです。

 

先生が言いたいことではなく、お客が聞きたいことだけを書くことです。

雑誌掲載、お客の声のように先生が集めることが大変だったり、お金をかけたもの、見てほしいものを掲載してしまいます。

そういった先生が見せたい情報が掲載されているホームページは落ちました。


改善方法

Google Console で閲覧数があり、クリック率の低いページを対策します。

これでアクセスが増えます。

 

対策手順

・検索で上位表示したいキーワードを決める。
・キーワードと上位表示するページを決める。
・各ページ対策を行う。(タイトル、デスクリプション、キーワード、ページ内容がキーワードの回答になっているか)
・Google Search Console で順位は低いのに表示、クリック数の多いキーワードで上位表示を狙う。
すでにアクセスのあるキーワードをより上位に持ってくる。
上位表示しているキーワードの関連キーワードで上位表示を狙う。

・アクセスは特に院名検索を増やす。
「院名」「地域名 整体院」「地域名 肩こり」の検索を増やす。

・Google Analytics で見るポイント

・以下、3つを対策
平均ページビュー
サイト滞在時間
直帰率の低さ

 

より毎月の確認と対策が必要になっていきますね。

落ちたホームページは、対策すれば上がります。

TOP> > 治療院で2018年9月28日のSEOアップデート乗り切りには?