【売上・効率UP】マーケティングマネジメントとは(売上コントロール)

【売上・効率UP】マーケティングマネジメントとは(売上コントロール)

HP集客, マーケティング

こんにちは。さこまです。

2011年に治療院のホームページの
マーケティングをやってます。

最近の成果です。

  • 過去最高の売上になった
    市内No.1の知名度を得た
    月間で新規50名以上集客
    検索順位で1位になれた
    SEOで集客が長期間継続

※証明は、成功事例をご覧ください。

マーケティングマネジメントの効果ってご存知ですか?

・マーケティングがしっかり実行される。
・効率的で先生の時間短縮になる。
・売上アップ、新規患者様増加する。
・売上のコントロールができる。
・マーケティング活動を辞めないようになる。

「あの治療院の先生、魔法のように安定して、
売上伸ばして順調だよな。」と思う先生いますよね。

彼らは、マーケティングマネジメントができてます。

ということで、下記で詳しく解説します。

売上・成果をコントロールする。

マーケティング・マネジメントとは?

マーケティングマネジメントとは、施術を売り、販売の流れを管理し、
販売数を増やすことをコントロールできている状態です。

「効率的に管理すること」っぽいですが、
効率的で販売数を増やすことです。

  • 例えると、SEOで「川崎市 肩こり」で1位を取り、見込み患者様が検索して、ホームページにたどり着きます。
    肩こりのページを見られて、電話で問い合わせて、相談されて来院に至ります。
    来院されて施術を受けて、満足いただいて、再来院、ご紹介に繋がることです。

この一連の流れがしっかり行われ、効率的に再来院と
紹介率を上げてくれることが
マーケティングマネジメントです。

マネジメントするのは、人?売る流れ?

マーケティングに関わる
すべてをマネジメントします。

と言っても流れができていれば、
そんなに難しいことはありません。

先程の例のマネジメント箇所をまとめました。

  • ・SEOで「川崎市 肩こり」で1位である。
  • ・肩こりページの成約率が1%である。
  • ・肩こりの電話問合せが来院に8割至る。
  • ・ネット集客患者リピート率8割以上。
  • ・紹介率1~3割維持

でも、こんなに確認するの大変かも。
と思われるかもしません。

しかし、この確認と改善だけで月2~3名の
新規患者様が集まるなら価値があります。

わかりやすくは、マーケティング戦略の実行

マネジメントとは、経営や管理という意味です。

見込み患者様が肩こりになってから、リピートして、
紹介するまでの流れを管理することです。

マーケティングの戦略がしっかり行われてる
ことを管理する。それがマーケティングマネジメントです。

3つのルール:1つは超重要!

最後の1つは、超重要です。

1.マーケティング戦略がすべて実行されること

マーケティング戦略を作った1番多い失敗。
それは、実行されないことです。

患者様にアンケートを取って、市場調査して
肩こりのページの構想を考え、完成しなければ、意味がありません。

「せっかく調査したら作るでしょう。」と
思うかもしれませんが途中で辞めることが多いです。

なので、作った戦略は、
最後までやり遂げることです。

詳しくは、マーケティング戦略について
別記事で紹介してます。

マーケティング戦略とは?計画がないのは失敗を計画してることと同じ

2.効率的に来院数を増やすこと

マーケティングマネジメントの解釈が
「効率的に現状維持する」と勘違いされてることです。

効率的は、機械的になり、
現状維持は、衰退へ向かいます。

マーケティングマネジメントの優先順位です。

  • ①売上アップ
  • ②効率的にする

すべてのマーケティングの
最優先事項は、売上アップです。

3.マーケティングマネジメントの絶対ルール

これは、すごい重要です。
覚えておいてください。

  • マーケティングマネジメントの絶対ルールは、
    一度、始めたマーケティング活動を辞めてはならない。

こういう場合に辞められます。

・目標売上を達成したとき
・目標集客数を達成したとき
・予約がいっぱいになっとき
・決算、確定申告のとき
・月末月初の書類対応
・成果にならないとき

目標を達成して、辞めます。
忙しくなると、辞めます。
成果にならなくても辞めます。

そこからが新しい、
マーケティングマネジメントの始まりです。

TOP> > 【売上・効率UP】マーケティングマネジメントとは(売上コントロール)