【高品質】ネット集客はクオリティマーケティング時代(治療院は得意)

【高品質】ネット集客はクオリティマーケティング時代(治療院は得意)

HP集客, マーケティング

こんにちは。さこまです。

目先のSEOで結果になる2012年から
クオリティ第一でSEOに取り組みました。

その結果、2020年の顧客成果です。

  • ・過去最高の売上になった
  • ・市内No.1の知名度を得た
  • ・月間で新規50名以上集客
  • ・検索順位で1位になれた
  • ・SEOで集客が長期間継続

※証明は、成功事例をご覧ください。

ネット普及前は、テレビ、新聞、雑誌の
一方通行の権威ある情報で購入を判断してました。

ネット普及後は、3つの要因で
質を求められるようになりました。

・優秀な個人が高品質な情報を発信
・ユーザー同士で情報共有している
・無料化で商品開封前に質がわかる

その結果、施術の質、情報発信の質が
求められるようになりました。

現代では、何に集中して集客すべきなのか解説します。

クオリティが求められる時代

ネット集客のみならず、治療院を経営して
いく上でも必要になります。

クオリティマーケティングとは?

わかりやすく言うと。

品質の高い施術、情報発信で集客する方法です。

SEO、Googleマップ、SNS、Youtubeは、
クオリティマーケティングを採用してます。

例えば、ホームページのSEOは主に3点を見られます。

・アクセス数
・滞在時間
・問い合わせ数

あくまで患者目線ということです。

噂で「Google広告でお金を払ったら上がりやすい」と
言われていますが、Googleは否定してます。

利用者のためになる高品質なサービスが
良い結果に繋がってます。

対になるのがオークションマーケティング

オークションマーケティングとは、お金を出した企業ほど、良いところに掲載してもらえる課金者優遇マーケティングです。

テレビ、雑誌、新聞、ラジオのような昔からの
一方通行のマーケティングに使われやすいです。

ネットの普及前は、一方通行で
商品を買わないと評価できませんでした。

そのため、テレビ、雑誌など、信頼できる
媒体の言葉を信じ、購入していました。

しかし、ネット普及後はユーザー同士が
コミュニケーションを取り、情報を共有します。

「原価が安い。」「他で安く売ってる」「商品が悪い」

今までは、噂で伝わるスピードが遅かったですが、
現代は、ネットで良し悪しがすぐにわかります。

  • その結果、ウェブ会社でもオークションマーケティングを採用している会社は衰退。

    クオリティマーケティングを採用した会社は繁栄しました。

ネット集客でも情報発信の質を求められます。
施術も口コミで評価されます。

我々に残されたのは、
クオリティを上げることだけです。

効果は良いの?

『高品質なら繁盛する』とまではいきませんが、
売上を伸ばしやすく、広まる可能性は高いです。

無料化によって、本当の値段や
効果を知れるようになりました。

それによって、患者様は本当に良い物を
手に入れたいという欲求が上がりました。

評価の高い店に来店しやすいのは、
クオリティが高いと判断しやすいからです。

  • 質の高い施術をしていれば、良い口コミをもらい、
    TwitterやFacebookで広まり、来院が増える。

もしくは

  • わかりやすい説明による情報発信で
    有名になり、来院が増えた。

という例です。

院内の良い点が評価されやすい時代です。

メリットデメリット

メリットは、良い施術、良い情報発信を
するだけで集客できることです。

デメリットは、『良し悪し』の基準は、
日本全国の治療家と比べられることです。

院内でわかりやすい説明ができても、
地域で1番できてるかわかりません。

FacebookやTwitterを始めれば、
全国の治療家と比較されます。

毎年、優秀な人材が品質の高いものを出すので、
年々、クオリティは上昇しています。

【ホームページで例えると】

2011年 持っていれば成果になった。
2012年 トップページを高品質に作れば集客できた。
2014年 サブページもしっかり作らないと集客できない。
2018年 全ページしっかり構成して作らないと難しい。
2020年 広告、SNSなど利用が必要になっている。

クオリティマーケティングの行きつく先。

お金と時間をかけた治療院ほど、
集客しやすくなります。

なので、デメリットはお金か
膨大な時間がかかることです。

治療院でクオリティマーケティングを採用

そもそも治療家は、クオリティ
マーケティングの達人なんですけどね。

1.実は治療家が超得意!

治療家は、お金や名誉のためよりも
「患者様のために!」「技術を極めたい!」という方が多いです。

クオリティマーケティングを行うために
生まれたのではないかと思ってしまうほどです。笑

その思いのまま、情報発信を
してあげればいいだけです。

2.でも、ネットは不得意

こう思われるかもしれません。

「自分は言葉を伝えることが不器用で」
「ネットが不得意で上手くいくかどうか」

不器用でも不器用なりに一生懸命に
伝えれば、思いは伝わります。

それにネットが不得意なのは、
逆にチャンスなんです。

ネットを上手く使える治療家は
そもそも少ないからです。

だからチャンスなんです。
ネットを使えるだけで一歩前に出れるからです。

3.1つの集客方法を極めましょう。

施術を極める役に立ちます。

ブログ、Facebook、Twitter、Youtubeと
何でも良いので、1つの集客方法を決めて、
施術と一緒に極めてください。

患者さんは院内で起こっていることを
見たいと思っても発信しなければ伝わりません。

  • ・先生の活動
    ・日々何を思い、何を感じているのか
    ・新しい技術習得
    ・健康に関する最新情報
    ・面白エピソード

例えば、ブログ1つを極めると決めて、
施術活動のセットに行われるのはいかがでしょうか。

5年後、10年後に成果が変わってくると思います。

TOP> > 【高品質】ネット集客はクオリティマーケティング時代(治療院は得意)