【ITネイティブ】Z世代で5年後のマーケティングは変わる

2021/11/02 (更新日:2021/11/02)

【ITネイティブ】Z世代で5年後のマーケティングは変わる

HP集客, マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

Z世代ってなにですか?

1996年~2012年生まれの方々のことです。

ミレニアム世代の次の世代です。

  • Z世代がウェブ即戦略になる!

早くもZ世代で開業したり、ネットを使いこなす
スタッフが院内で活躍し始めてます。

ITがあたりまえで生まれ育っているからです。
彼らは、SNSやYoutubeは使いこなします。

Z世代がウェブマーケティングをさらに白熱させる!

治療院とマーケティング会社の関係から、
治療院とZ世代スタッフになりつつあります。

Z世代を知ることは、戦略ともなり、
今後のマーケティングを考える重要なポイントになります。

Z世代で5年後のマーケティングは変わる

スタッフならウェブに強い味方となり、
患者様ならウェブ集客の対象となります。

Z世代とは

Z世代は、1996年~2012年生まれの方々を指します。

ジェネレーションZとも呼ばれます。

デジタルがあたりまえの時代に生まれているため「デジタルネイティブ」とも呼ばれます。

ウェブ育ちのため、他の世代と違った価値観を持ってます。

ミレニアム世代との違い

ミレニアル世代は、1981年~1995年なので
インターネットと
ともに成長した世代で、

Z世代は、1996年~2012年のため
インターネットがあたりまえの世代です。

  • ミレニアム世代は、コスパ重視で物への執着が低いです。
    Z世代は、本質を求め、好きな物の消費意欲が高く体験を大切にします。

発展途上国と先進国で育ったかのような
価値観の違いがあります。

Z世代はITに強い!

Z世代が体験した時代は過酷です。

彼らが生まれた2000年以降に
何が起こったかまとめました。

・ITバブル崩壊
・リーマンショック
・東日本大震災
・コロナウィルス

近年の厳しい社会情勢を体験しているのです。

  • 経験からSNSに強い特徴があります。

LINE、Instagram、YoutubeにTikTokといった
最新のSNSを使いこなしてます。

Z世代は、5~10年後には治療院のメインの患者に
なりえますので、彼らを知る意味で価値観を解説します。

Z世代を知る3つの価値観

価値観がまさにネット世代!という感じです。

特定のことにお金を注ぎやすい

「これだ!」と思ったものに時間、お金、
エネルギーを注ぎやすい傾向にあります。

メリハリ消費と呼ばれます。

家や車にお金をかけるよりも、参加しているオンラインサロンや応援したい人がいれば気軽にお金を投じます。

価値を感じると投資しやすい傾向にあるのは
SNSで育ったからといえるでしょう。

失敗を恐れる慎重さ

お金を稼いで増やすよりも、
消費で失敗しないことに焦点があたってます。

慎重な理由は、稼ぐ意欲よりも
自由の意欲の方が高いからです。

自由を求めるので使えるお金が限られています。多くを消費できないので慎重にならざる負えないのです。

気に入ったものをSNSや口コミでの
情報収集は徹底してます。

Google検索よりSNS検索の方を
信頼している傾向があるからです。

体験と参加

旅行、イベント、オンラインサロンのような
体験できる参加型のことに抵抗が少ないです。

彼らがおいている価値は、物より体験だからです。

SNSは、娯楽、出会い、学びと無料で体験ができます。

知らない人と関わることに抵抗が少なく、
関わり方をよく知っています。

以上のことからわかることをシェアします。

  • Z世代を集客するためにSNS利用が必須ということです。

これから5~10年で流れはさらにSNSに傾きます。

Z世代を狙うならSNSを始めておきましょう。

TOP> > 【ITネイティブ】Z世代で5年後のマーケティングは変わる