AISASとは(新時代の購買プロセスがわかる)

2021/12/01 (更新日:2021/12/01)

AISASとは(新時代の購買プロセスがわかる)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

新しい時代の購買行動とは?

インターネットの登場によって、
人々の購買行動が変わりました。

お店で人から商品を購入することと、
ネットでサイトから決済する違いががあるからです。

購買行動:AISAS(アイサス)

Attention(注意)、Interest(関心)、 Search(検索)、
Action(購買)、Share(共有)からなるプロセスです。

AISASは、消費者の行動がわかるマーケティング用語です。

消費者の心の心理

商品の購入にどのような心理が働き、
どこでつまづくのか解説します。

AISAS(アイサス)とは

マーケティング戦略をつくるときは、
AISASの流れを意識しましょう。

AISAS(アイサス)とは

消費者の購買行動をわかりやすくしたプロセスです。

主にネットで消費者が商品を認知して購買に至るまでの流れです。

  • ①注意(Attention)
    ②興味(Interest)
    ③検索(Search)
    ④行動(Action)
    ⑤共有(Share)

英語の頭文字を取って、AISAS(アイサス)と呼ばれます。

インターネットでマーケティング戦略をつくるときは、
AISASの順番を考慮して計画が立てられます。

AIDMA(アイドマ)の次の考え方

AIDMAは、インターネットが普及する前の
消費者の購買行動のプロセスです。

AISASは、AIDMA(アイドマ)の次の考え方です。

①Attention(注意)
②Interest(関心)
③Desire(欲求)
④Memory(記憶)
⑤Action(行動)

頭文字から取られて、AIDMAと呼ばれます。

AISASとAIDMAの違いは「欲求」「記憶」が
「検索」「情報共有」に変わりました。

AISASに変わったのか?

インターネットの登場で消費者の行動が変わったからです。

店舗で人と関わって商品を購入することと、
インターネットで無人で購入する心理が違うからです。

インターネットが登場してからパソコンがネットを盛り上げ、スマホが一般人をネットに繋げました。ネットにつながる時間が増えたことでコミュニケーションやショッピングがネットで行われるようになりました。

消費者は、Google検索で商品を購入できるようになり、
失敗したくないという心理が働くようになりました。

消費者がAISASの心理プロセスで動くようになった理由です。

AISASを1つずつ徹底解説

AISASは、5つあります。

  • ①注意(Attention)
    ②興味(Interest)
    ③検索(Search)
    ④行動(Action)
    ⑤共有(Share)

解説します。

①注意(Attention)

見込み顧客の注意を引いて、
商品を知らせたり思い出させたりします。

知られることで商品の購入検討候補に入れるからです。

宣伝によって、知名度を上げることで注意を引くことができます。

ここで行うことは、「知らせる」ことです。

②興味(Interest)

見込み顧客に商品の内容や特徴を知ってもらい、
興味を持ってもらうプロセスです。

興味を持ってもらうことで見込み顧客が
自分自身で行動を起こし始めるからです。

「困っていることに対して、このような解決策がある。」という理想の結果を与えます。

「何になれるのか?」を教えてあげます。

③検索(Search)

見込み顧客は、サービスを調べます。

Google検索、SNSやメディアなど、
情報を収集し、最善の選択を取ろうとします。

治療院の口コミや評価をみられます。口コミサイトの☆の数や患者がブログでよい記事を書いているかなど、徹底的に調べます。

「よい評判を得ていること」がみられます。
好感度のチェックにはいっているわけです。

  • これは、購入に失敗したくなという心理からの行動です。

④行動(Action)

サービスの比較、検討、購入に入ります。

他院の料金やサービス、または評判です。

比較では、A治療院と他院を比較しているなら、すべてにおいてメリットが勝っているまたは、同じぐらいでもA治療院へ来院されます。

他院よりメリットの提示やわかりやすさが
劣っていなければよいのです。

⑤共有(Share)

サービスを受けよかったことを
SNSでシェアして、情報共有します。

ここで消費者の行動は完結します。

世間に良い評判、悪い評判がシェアされるのです。このことからわかる通り、消費者の一連の行動は商品を購入し終わった後もつづいていることです。

治療院では、シェアできる何かを
用意しておいた方がよいでしょう。

映える(ばえる)なにかがある治療院で
集客に成功している治療院がいるからです。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > AISASとは(新時代の購買プロセスがわかる)