ロジックツリーとは(What、Why、Howツリー)

2022/01/05 (更新日:2022/01/05)

ロジックツリーとは(What、Why、Howツリー)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

マーケティングに困ったら、ロジックツリーをつかいましょう。

集客活動を始めるときになにから
手をつけてよいものか悩むことがあります。

そのときは、ロジックツリーをつかって、
物事を細分化してみましょう。

  • ロジックツリーとは?

問題解決・原因追求ができる分析手法です。

論理的に細分化できるので、
問題が解決していきます。

MECEの合わせ技でさらによくなる!

もれなくダブりなくのMECE(ミーシー)と
組み合わせると完成度の高いロジックツリーができます。

初心者向けにMECEとは、なになのかも詳しく解説してます。

ロジックツリーとは

ロジックツリーが完成する頃には、
問題の解決への糸口がみえてます。

ロジックツリーとは

問題を分解し、解決策をみつける手法です。

分析は、左から右に向かって木を
つくるように枝分かれして増えていきます。

左側を上位概念、右側を下位概念と呼びます。
右に向かうほど具体性が増していきます。

問題が分解され、解決策を論理的に
みつけることができるフレームワークです。

ロジックツリーの種類

4種類のロジックツリーがあります。

実践でつかうのは3つで十分です。

  • 問題要素:WHATツリー
    原因究明:WHYツリー
    解決提案:HOWツリー

4つ目のKPIツリーは、問題解決ツリーの
派生でつかわれることが多いです。

KGI(Key Goal Indicator/経営目標達成指標)を設定し、中間目標であるKPI(Key Performance Indicat/重要業績評価指標)を達成するために細分化します。

MECEと組み合わせ

ロジックツリーをMECE(ミーシー)と
組み合わせると完成度が高まります。

MECEは、問題を要素分解する時の条件のことです

なぜなぜ分析!5回のなぜでマーケティング戦略がかためる!

わかりやすくいうと、「もれなく、ダブりなく」です。

【MECE】
M:Mutually/相互に
E:Exclusive/重複せず
C:Collectively/全体として
E:Exhaustive/漏れがない

ロジックツリーをつくるときに
MECEがあると1つずつの精度が上がります。

ロジックツリーを1つずつ解説!

1つずつ、順番につかってみましょう。

WHATツリー

「何で?」「何を?」の質問に回答するように
1つずつの要素を分解し、問題を解決します。

そのため、要素分解ツリーとも呼びます。

上記の例でいうと、新患、性別、年齢から
収入、職業と細分化できます。

どこをターゲットにするべきなのか、
明確になるわけです。

そのものの構造がなにの要素で
できているか把握できます。

WHYツリー

問題の原因を並べ、根本的な原因が
何なのか突き止めることができます。

そのため、原因追求ツリーと呼びます。

ここから、SEOなのかPPCなのか、
やるべきことが明確になります。

問題の原因が列挙されると、
優先順位もみえてきます。

HOWツリー

解決したい問題の改善策をあげていきます。

問題解決ツリーと呼びます。

解決策なので、具体的なアクションにつながります。

「WhatツリーやWhyツリーをやらないで、
最初からHowツリーだけやればよいのでは?」

と思われるかもしれませんが、1つずつに意味があります。

  • Whatツリー:何をすればよいのかわからないとき
    Whyツリー:なぜ、それをするのかわからないとき
    Howツリー:何をして、なぜするのかわかるけど何から始めるべきかわからないとき

問題があるとわかっているのに
解決策に手をつけられないときがあります。

「集客しなきゃいけない。でもやる気になれない・・」

そのときに原因究明ツリーをやって、「新患10名を集める理由」がみつかってからHowツリーをやります。すると、問題解決へのモチベが上がるので、Howツリーができたときには身体が勝手に行動に移せます。

適切なときにつかってみてください。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > ロジックツリーとは(What、Why、Howツリー)