4P分析と4C分析の違い(やればすぐに成果になる)

2022/01/08 (更新日:2022/01/08)

4P分析と4C分析の違い(やればすぐに成果になる)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

自院と患者をシンプルに分析する4P分析と4C分析

2つの違いは、なんだろうか。

わかりやすく解説しました。

  • 4P分析は、自院の分析

サービス、価格、販売方法を分析します。

自院の取るべき行動がわかります。

  • 4C分析は、顧客の分析

患者がなにを求めているか分析します。

2つをどうつかうべきなのかも
具体例を交えて解説してます。

4P分析と4C分析の違い

4P分析とは

治療院のサービスを売る側の視点から
考えたマーケティング分析方法です。

1960年にアメリカの学者である
エドモンド・マッカーシーが提唱した理論です。

  • ・製品(Product)
    ・価格(Price)
    ・流通(Place)
    ・販促(Promotion)

治療院のサービスをいくらで、どのような方法で
販売し、広げていくかをまとめます。

4C分析とは

顧客側のサービスを買う視点から
考えたマーケティング分析方法です。

4P分析がつかわれるようになった約30年後の
1993年に大学教授のロバート・ローターボーンに提唱されました。

  • ・顧客価値(Customer Value)
    ・経費(Cost)
    ・顧客利便性(Convenience)
    ・コミュニケーション(Communication)

顧客がどのような価値を感じて、お金と時間を費やし、
顧客が受け取りやすい方法で届けてあげることです。

4P分析から4C分析へ

自社を分析する4P分析から
顧客を分析する4C分析へと移行されました。

自社をいくら分析しても、顧客が求めていなければ、
商品やサービスは売れないからです。

自社の強みを分析して、新サービスをいくら開発しても、求められているものでなければ売れません。自社分析がしっかりできている会社は強いですが、ブルーオーシャンをみつけて、サービスを販売する会社の法が強いのです。

顧客視点である4C分析をしてから、
自社の強みをみつける4P分析をすることはおすすめです。

4C分析から4P分析の実践!

4C分析

治療院でウェブサービスを利用して、
効果的に施術を販売する方法をまとめます。

一人院長でよくあるものを取り上げます。

顧客価値:先生やスタッフが話しやすい、症状が改善する
経費:3,000〜5,500円
顧客利便性:SEOのブログからHPでお問い合わせ。電話は明るく対応。
コミュニケーション:「まずは来てください」ではなく、来たくなる理由を話す。

患者様の声を30枚ほど集めて、
利点をあげると4Cは分析しやすいです。

4P分析

ウェブ集客は苦手でできていないけど、
これから頑張る先生向けにまとめます。

治療院を見直すよいきっかけになります。

製品:たった5分でゆがみが整い腰痛が改善する骨盤矯正
価格:他院は3,000〜5,000円。技術力と赤ちゃんが預けられるので7,500円
流通:ホームページのあとは紹介で広がる仕組み
販促:SEOとPPCで毎月5〜10万円を広告費にあてる

多くの治療院は、このような分析をして
実践すれば、結果になる土台があるのでおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 4P分析と4C分析の違い(やればすぐに成果になる)