ABテストとは(成約率を上げるテストマーケティング)

2022/02/07 (更新日:2022/02/07)

ABテストとは(成約率を上げるテストマーケティング)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「変更を加えたいけど、集客が増えるかわからない。どうしたらよいですか?」

どの方法が集客につながるかは、
テストマーケティングで顧客に答えをもらいましょう。

なぜなら、どのフレーズがよいかは、
やってみないとわからないからです。

  • 結果を比較できるABテスト!

なるべく、条件を変えずにAパターンと
Bパターンの結果を比較する方法です。

どちらがよい結果になるかわかるので、
ABテストは、広告マーケティングでよくつかわれます。

最終形態に近づく!

たくさんの変更を加えれば、
何でうまくいったかわかりません。

うまくいっても比較がなければ、
なにが成功したのかわかりません。

ABテストは、集客の大成功に
一歩ずつ近づける方法なのです。

最終形態になったときの新患は、
月間30名を軽く超えていることでしょう。

ABテストとは

なにをするとうまくいくのか、
答えをみつける方法です。

ABテストとは

どちらの方が良い成果を産みだすのか
調べるテストマーケティングです。

AパターンとBパターンの2つをテストし、
良い結果になる方を採用します。

たとえば、キャッチコピーを2パターン用意します。1週目をAパターンで2週目をBパターンにします。成約率の高い方を採用します。

  • 【成約率】
    Aパターン:3.0%(採用)
    Bパターン:2.3%

Aパターンは、Bパターンより、
成約率が高いことで採用となります。

ABテストが終わると、また新しいABテストが始まるのです。

名前は、ABテストと呼びますが、
3パターン以上のテストを行うこともあります。

広告でABテストは大活躍

CVR(コンバージョン率)とCTR(クリック率)の
向上のためにABテストは行われます。

下記のような集客媒体でよくテストされます。

・ホームページ
・ランディングページ
・ウェブ広告
・メールマガジン

  • ・メインビジュアル(キャッチコピー)
    ・申し込みボタン(電話・問い合わせ)
    ・写真や文章の入れ替え

新しいアイデアやテクニックを
取り入れるときにABテストされます。

上記の中では、ウェブ広告が決められたキーワードで
安定したアクセスを集めるのでABテストには最適です。

注意点

ABテストは、正確なデータを収集するために、
その箇所以外は、なるべく変えないことです。

比較対象以外に変化があると、
なにで結果が変わったかわからなるからです。

たとえば、下記のようなことが起こらないようにします。

・広告費が変動する
・LINEやSNSの配信頻度が変わる
・ブログの更新頻度が変わる
・キャンペーンが変わる
・祝日や大型連休を挟む

理想は、「いつもと同じ」だけど、
ABテストだけ変わるのです。

ABテストの性能を上げるために

ABテストもPDCAをつかう

ABテストは、思いつきで行うのではなく、
仮説検証をして、実行にうつしましょう。

ただ単に決められた箇所を修正して、
結果をみるだけでは、得るものも少ないからです。

計画 → 行動 → 評価 → 改善

PDCAサイクルとは(マーケティングの基本行動)

ABテストをするときは、どこを修正し、
どの期間で結果をみて、どれぐらいの成果になりそうか?

ここまでは、決めておきましょう。

Google Optimize(グーグルオプティマイズ)

ABテストの検証結果を無料でできるツールです。

Googleアナリティクスと紐づけて、
テスト結果を確認することができます。

Google Optimize(グーグルオプティマイズ)

おすすめのツールです。

TOP> > ABテストとは(成約率を上げるテストマーケティング)