マーケティングリサーチとは(求めているなにかがわかる)

2022/03/09 (更新日:2022/03/09)

マーケティングリサーチとは(求めているなにかがわかる)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「顧客がなにを求めているのか?」

マーケティングリサーチでみつけることができます。

治療院をこれから経営するとき、
顧客が求めていることを知りたいと思います。

また、長く治療院を経営すると、
なにを求めているのかわからなくなります。

  • マーケティングリサーチをしよう!

マーケティング活動の課題に
対処するためのデータが手に入ります。

企画、計画、実行、検証など、
さまざまな分野で役立ちます。

リサーチは、成功確率を上げるため!

勘でマーケティングを組み立て、
成功することはあります。

リサーチは、面倒な作業ですが、
成功しやすく、成果もあげてくれます。

では、リサーチとはなになのか解説します。

マーケティングリサーチとは

リサーチとは

一般の方々がなにを求めているのか
調査をすることです。

調査結果をサービスに反映し、
売りやすくし、満足度を上げます。

リサーチの言葉の意味は、調べること。研究することです。どのようなことをするかというと治療院でサービスを販売する前に市場のニーズを調査することです。

売れる商品は、リサーチから産まれます。

アンケートやデータを分析し、
今までになかった解決策で顧客を喜ばせます。

売れる施術をつくる

マーケティングリサーチで、顧客の求めている
ことを与えるので施術が売れやすくなります。

顧客のニーズをつかんでいるからです。

リサーチをすると、気づかなかった提供すべきサービスがみつかります。それは、他院との違いとなり、サービスと治療院の発展につながります。

今までみえなかった問題点が把握でき、
ビジネスリスクを軽減することができます。

リサーチの役割とは

マーケティング活動の意思決定をサポートすることです。

「顧客がなにを求めているか?」に合わせて、
企画、計画をつくることができるからです。

【マーケティングリサーチステップ】
①どのような課題を解決するか決める!
②解決したい問題で調査することを決める!
③調査した結果を分析して企画に反映する !

答えがみえたら、リサーチをしてみましょう!

マーケティングリサーチのやり方

マーケティングリサーチには、
2つの方法があります。

  • ・定量調査(量的データ)
    ・定性調査(質的データ)

解説します。

定量調査

数値で結果を表現する調査方法です。
アンケートの数値を集計した結果です。

定量調査には、このような方法があります。

・ネットリサーチ
・会場調査(CLT:セントラルロケーションテスト)
・ホームユーステスト(HUT)
・訪問調査
・街頭調査
・電話調査
・郵送調査
・留置調査

サービスがどのようにつかわれ、
どう思われているのか調べます。

定性調査

言葉、行動、状況のようなデータを収集する方法です。

数値に表現できないデータです。

  • ・患者様の声を読んだ人がどう感じるのか?
    ・推薦の声がどのような影響をもたらすのか?
    ・資格証をみて、どう思うのか?

定性調査には、このような方法があります。

・グループインタビュー
・ディテールドインタビュー
・デプスインタビュー
・エスノグラフィ

サービスに関する意見の深堀りができます。

また、定量調査をするときに、
仮説が立てやすくなります。

TOP> > マーケティングリサーチとは(求めているなにかがわかる)