リターゲティングメールとは(成熟市場の救世主)

2022/06/14 (更新日:2022/06/14)

リターゲティングメールとは(成熟市場の救世主)

マーケティング

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

マーケティングの基本は、新規顧客の開拓です。

新規を増やすことでリピートを増やすことができ、
全体的な売上の上昇となります。

しかし、成熟した市場では、
新規開拓が大きな壁となります。

  • 【成熟した市場の特徴】
    ・広告コストが上がる
    ・反応率も下がる
    ・離反率が上がる

成熟市場で新規開拓が大変なわけです。

では、何をすることがベストなのか?

・リピートを増やす
・単価を上げる

既存顧客へアプローチし、
潜在的な顧客層を掘り起こすのです。

おすすめの方法がリターゲティングメールです。

リターゲティングメールとは(成熟市場の救世主)

リターゲティングメールとは

ユーザーの行動に合わせたタイミングでメールを送る手法です。

ユーザーがメールを開封し、ホームページを閲覧し、
購入しやすい時間帯を計測しているからです。

リターゲティングメールは、顧客の関係向上のために行われます。顧客のメール開封、URLのクリック、ホームページのアクセス、離脱の行動情報を条件に配信ターゲットを設定できるのです。

顧客の反応を大幅に上げられることと、
通常のメールに比べてクリック率や購買率を高められます。

顧客行動の活用例

リターゲティングメールでは、よくつかわれる行動の例があります。

たとえば、下記のようなデータを測定してます。

・ホームページにアクセスした。
・お問い合わせフォームや電話が入った。
・ホームページから離脱した。
・ネットショップで商品をカートに入れ放置。
・メールを開封やURLのクリックなど

夜の時間帯にメール開封とサイト閲覧が多いとしたら、
その時間帯に営業のメールが届くようになるのです。

メリットデメリット

メリット
  • ・開封率の向上(ユーザーがメールを開くタイミングでメール到着)
    ・販売の促進(肩こりが気になっている方に肩こりのキャンペーンを送れる)
デメリット
  • ・逆効果(過度なリターゲティングは追跡されていると不信感を抱く)
    ・重複配信のリスク(同じユーザーに同じ内容のメールを何度も送る可能性)

リターゲティングメールで売上を向上

見込み客のフォローアップ

PPCやチラシで新患を集めるより、
LINEやメルマガの見込み客を集客した方が早いです。

見込み客には、施術を受ける意思があるからです。

LINE登録やメルマガリストは、登録だけされて、放置されやすいです。彼らは、興味を持っているので、メッセージが届けば、開封する可能性があります。たとえば、キャンペーンを始めて、キャンペーン最終日間近にメールが届くようにするなどして、リターゲティングとフォローアップをするのです。

自動でも手厚い対応は、満足度向上となります。

顧客のリピートを後押し

見込み客より集客しやすいのは、顧客です。

顧客へのフォローアップは、どれぐらいされてますでしょうか。

治療院は、システム導入率が低いため、手作業でフォローアップをしやすいです。リターゲティングをつかえば、自動化されます。顧客の定期的な掘り起こしができるのです。

メール開封やホームページ訪問のデータは、
のちのちによい営業材料となります。

予約システムとの連動

メールやホームページ以外に、
治療院は、予約システムでデータ収集できます。

ウェブ予約やアプリのデータをもとに、
リターゲティングすれば、より開封率を上げられます。

予約システムのアプリは、リターゲティングするためのデータ測定がしやすいです。また、ホップアップのお知らせでリターゲティングできるので、反応率を取りやすい営業ができます。

営業は、リアルからスマホになってます。

そして、ユーザーは自分が欲しいタイミングで
営業が届くことを望んでいるのです。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > リターゲティングメールとは(成熟市場の救世主)