Googleマップで複数の地域で上位表示(地域名より複数アカウント)

2022/04/04 (更新日:2022/04/04)

Googleマップで複数の地域で上位表示(地域名より複数アカウント)

MEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「川崎市で上位表示しましたが、すぐ隣の横浜市も狙えますか?」

Googleマップは、店舗を構えている地域でしか、
上位表示することはできません。

川崎市に店舗があれば、
横浜市で上位表示することは難しいです。

  • 原則は、1アカウント1地域!しかし・・・

1店舗でつくれるGoogleマップは、
1アカウントまでです。

複数アカウントをつくると、
「重複」の警告が現れます。

しかし、店舗名か地域が違えば、
アカウントは、いくつでもつくれます。

Googleマップには、抜け道がある!

1店舗でも2つ以上のアカウントを持ったり、
2つの地域で上位表示を狙うことも可能です。

では、どのような方法があるのか解説します。

Googleマップで複数の地域で上位表示

GoogleマップのMEO

店舗集客でつかわないことはない、
GoogleマップのMEO対策です。

集客効果がかなり高いので、
年々、競争は激化しています。

①マップで1位が取れれば、新患5~10名増
②みんなが対策するので上位表示は難しい
③規制が厳しくアカウント停止や削除がある

リスクがあっても、口コミやGoogle投稿で、
情報発信を辞めないのは新患が増えるからです。

そして、MEOで上位表示ができると、
次に望むことがあります。

複数の地域で上位表示したい

原則、登録しているアカウントの地域でしか、
上位表示することはできません。

1アカウント1つの地域で、
1店舗あたり、1アカウントです。

地域名で上位表示するからくりは、院名か住所に入っているキーワードが検索に影響を与えます。「川崎市さこま接骨院」という院名であれば、院名に川崎市が入っているので有利です。また、「川崎市多摩区中野島」に住所があれば、住所にも川崎市が入っているので有利です。

複数の地域で上位表示するには、
別の地域で店舗を構えなければなりません。

住所が川崎市で横浜市が近かったとしても
横浜市で上位表示はできないのです。

分院展開で複数地域で上位表示

あたりまえのことではありますが、
分院展開していれば、2つの地域で上位表示できます。

本院の地域と分院の地域です。

ウェブ戦略をメインにするなら、分院の店舗展開は、地域を分けた方が集客幅が広がります。川崎市に店舗があり、横浜市が近いなら、川崎市の店舗の近くで横浜市の住所で店舗を借りれば、川崎市と横浜市の2つを狙えるようになります。本院に横浜市からの新患も期待できます。

分院の展開方法でウェブからの新患数は変わるのです。

複数アカウントでGoogleマップ上位表示

分院展開したときに、複数地域で上位表示しやすい方法があります。

1店舗でもGoogleマップを複数で上位表示させることが可能です。

店舗名を変えない

1店舗目と2店舗目が同じ名前であると、
2店舗目は上位表示しやすい傾向にあります。

1店舗目と同じとみられているからでしょう。

【上位表示しづらい】
1店舗目:さこま接骨院
2店舗目:鈴木接骨院

  • 【上位表示しやすい】
    1店舗目:さこま接骨院 中野島店
    2店舗目:さこま接骨院 登戸店

上記のように2店舗目は分院でわかるような名前であり、
1店舗目のSEOやMEOが強いと2店舗目も上位表示します。

専門サイトで上位表示

接骨院アカウントと耳鳴りアカウントの2つで
Googleマップアカウントを所有することです。

Googleアカウントは、店舗名が違えば、
複数所有できるからです。

同じ住所でも一軒家であれば、家の中で分けることができます。101と102号室のようなものです。また、住所が一緒だとしても、1つの住所で「さこま接骨院」と「耳鳴り専門sakoma」の2つのアカウントを持つことができます。

おすすめは、Googleマップに登録する
ホームページで専門サイトを所有することです。

さこま接骨院とは、全く関係ない
店舗であることを表現するためです。

MEOは基本のみ

院名を変えずに地域名を変える方法と
専門アカウントをつくることを解説しました。

上記、2つの方法であれば、
MEOは、基本的なことだけで上位表示します。

  • ①院名を変えなければ、1店舗目のMEO効果を引き継げるので、簡単な対策で上位表示しやすいです。
    ②専門アカウントは、そもそも耳鳴りでマップ登録している院が1,2店舗なのでつくれば上位表示します。

基本情報と口コミを数件するだけで、
MEO対策は十分だといってよいでしょう。

抜け道ではありますが、
店舗展開や専門院にはおすすめの方法です。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > Googleマップで複数の地域で上位表示(地域名より複数アカウント)