Google広告とYahoo!広告のどちらがよいの?(結論はGoogle広告)

2021/10/19 (更新日:2021/10/19)

Google広告とYahoo!広告のどちらがよいの?(結論はGoogle広告)

PPC

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

GoogleとYahoo!の広告は、どちらをやった方がよいですか?

GoogleもYahoo!も検索連動型広告という、
検索エンジンのユーザーに向けた広告です。

Yahoo!は、Googleの検索エンジンを利用してます。
検索結果は同じため、違いがないように思います。

  • GoogleもYahoo!も広告を出したら結果は同じ?

ユーザー層が違います。

Googleは、スマホユーザーが多く、
Yahoo!は、年配が多いという特徴があります。

そして、治療院に重要なことは、規約が違うのです。

Googleで掲載できなくてもYahoo!で掲載できることがあります。

厳しくなりつつある医療系キーワードです。

また、アプローチしたいユーザー層によって、
GoogleかYahoo!で変わります。

ただ、結論を先にいうと、おすすめはGoogle広告です。

理由を解説します。

Google広告とYahoo!広告のどちらがよいの?

GoogleもYahoo!も優れた広告です。

どちらもキーワードと広告設定をうまくやれば、
集客は、成功します。

  • また、GoogleもYahoo!も検索エンジン連動型広告です。

リスティング広告とも呼びます。

PPC(Pay Per Click)で予算に合わせて、
クリックされた数だけ広告費を支払えばよいのです。

PPCの誕生で表示されるだけで効果があるのかわからない
広告にお金を出さなくてよくなりました。

Google広告とは

Googleや提携サイトを利用して、
文章、画像、動画で
広告を打ち出します。

広告では、主にこのような効果を得られます。

  • ・ウェブサイトへのアクセスを促進
    ・お問い合わせ電話件数の増加
    ・実店舗の来店者数を増加

この中でよく使うのは、検索キャンペーンです。

検索エンジンユーザーに向けて、
治療院を宣伝します。

Yahoo!広告とは

Yahoo!JAPANや提携サイトに
広告を配信できるサービスです。

主に検索広告とディスプレイ広告を利用します。

「Yahoo!プロモーション広告」という名前を
「Yahoo!広告」に改名してます。

広告を打つ方法は、Googleと同じです。
掲載先サイトが違います。

Google広告とYahoo!広告の違い!

ユーザーと規約です。

治療院に合う方を選びますが、
最初は、Googleをおすすめします。

Google広告とYahoo!広告の違いはユーザー層

Yahoo!の検索エンジン利用者は、年配が多いです。

2011年前後にYahoo!の検索エンジンは、
Google検索エンジンより使われていました。

Yahoo!80%:Google20% という感じです。

Yahoo!がGoogle検索エンジンを利用し始めてから、
Google検索ユーザーが増えました。

そのなごりでYahoo!を使う方がいるので年配が多いです。

Google広告 Yahoo!広告
スマホユーザーが多い 40代、50代でパソコンユーザーが多い

広告の掲載先は、このようになってますが、
Yahoo!の提携先も40、50代が多い印象です。

Googleは、Youtubeや提携先に若者を
取り入れやすいサイトが多いです。

  Google広告 Yahoo!広告
検索 Google検索結果
Google提携先サイト
Yahoo! JAPAN検索結果
Yahoo! JAPAN提携先サイト
ディスプレイ YouTube
Gmail
Google提携先サイト
Yahoo!ニュース
Yahoo!知恵袋
Yahoo!提携先サイト

おすすめはGoogle広告

Google広告は、サポートが充実しており、
ユーザー層が幅広いためです。

「Google先生」と呼ばれるだけあり、
検索エンジンがよく使われます。

また、Google広告とYahoo!広告の2つをやろうとすると設定の作業も2倍になりますし、費用は分散されてしまいます。データを取るには適してません。

広告を初めてやるなら、
Google一本でやりましょう。

Yahoo!広告を使うとき

Google広告で規約の関係でキーワードを打てないか、
Google広告で結果が頭打ちのときにYahoo!広告をやりましょう。

2つの理由のとき、Yahoo!広告を設定する
労力の成果は見込めます。

・Googleでは、規約で医療関係のキーワードが打てないことがあります。
・Googleで指定のキーワードで広告費を消費しきれないことがあります。
・ターゲットの年齢層が高くて、新しい層を発掘したいこともあります。

このようなときは、Google広告とYahoo!広告の
二本柱で成果を上げましょう。

Google広告を始める!

 

TOP> > Google広告とYahoo!広告のどちらがよいの?(結論はGoogle広告)