治療院のホームページリニューアル費用はいくら?(本質にお金をかける)

2021/02/25 (更新日:2021/02/26)

治療院のホームページリニューアル費用はいくら?(本質にお金をかける)

リニューアル

こんにちは。さこまです。

120万円以上かかるリニューアル費用を
50万円で実現したことがあります。

費用を抑えるのはアイデアです。

ホームページリニューアルの費用は、
どれぐらいかかりますか?

ホームページ制作費+編集量です。

おのずとホームページ制作費より
高くなるケースが多いです。

  • ホームページ制作と同じ料金で
    リニューアルすることもできます。

制作会社は、あまり教えたくないのですが。笑

お金をかけるべきところにだけに
費用を投じれば、抑えられます。

お金をかけるべきところとは?

  • マーケティングです。
    正確には、成果になった箇所のことです。

無駄にきれいなデザイン、多すぎるページ、
不要な編集を取り除くことです。

成果にするために本質的な編集以外を
やめるのです。

早速、リニューアルでなににお金がかかり、
どこにかけるべきなのか解説します。

有効的なリニューアル費用の使い道

リニューアルでは、マーケティングに
お金をかけることが一番安く済みます。

リニューアル費用の内訳

費用がかかるのは、文章、
デザイン、
システムの3つです。

一般的に「作業量=かかる費用」です。

文章:新規ページ数、編集ページ数
デザイン:きれいにする画像枚数
システム:スマホの機能

主に症状ページを新規で制作したり、
きれいに整えることで費用がかかります。

リニューアルでかかるのは、
上記、3つしかありません。

費用はマーケティングにかける

集客するための文章と見やすさの
デザインにお金をかけましょう。

費用を回収するのは、集客だからです。

【文章】集客する文章
【デザイン】見やすいデザイン
【システム】わかりやすい機能

わかりやすい機能のシステムは、
デザインによってもたらされます。

なので、お金をかけるべきは、
文章とデザインだけなのです。

安く抑えるたった1つの方法

ホームページのマーケティング以外に
費用を一切かけないことです。

それ以外のところに費用を投じるのは、
無駄な投資になるどころか成果を産みづらくします。

成果になってない症状ページがもったいなくてデザインできれいにしたり。あってもなくてもよい院内紹介ページを追加したり、患者様の少数派の意見に耳を傾けたシステムの編集を入れたりすることです。

大多数の患者様が反応するところにだけ
大きく費用を投じて、それ以外は0にするのです。

費用がかかりそうで、一番節約できる方法です。

おすすめのリニューアル費用の使い方

集客できる本質的なところだけ残して、
リニューアルする。

最小の費用で最大の成果を産みます。

不要なページをバッサリ捨てる

不要なページとは、
成果にならないページです。

・1度も集客しなかった症例ページ
・アクセス数がない院内案内
・離脱率が多いページ

ただバッサリ削除するわけではありません。
本質を残すために削除するのです。

最終的に残るのは、患者様の反応の
あるページと集客できる箇所だけです。

成果になったところを膨らませる

成果になるところだけ残ったら、
そこを土台にしてリニューアルします。

今まで以上の成果を産みやすくするのです。

肩こりと腰痛で40代が集客できたなら、
デザインは落ち着いた感じで文章は40代の日常に合わせます。

新規制作とリニューアルの違いは、
成果になった履歴があることです。

リニューアルでは、この利点を活かしましょう。

初期制作費以上の費用をかける

成果になる箇所に費用をかけて、
新患数を上げるためです。

どこを改善すれば、成果になるか
わかっているのであとは費用の問題だけです。

初期制作では、100万円をかけて、10のホームページができました。
10のホームページで肩こりと腰痛で2の成果を得ました。

リニューアルでは、100万円かけて、2を10にします。
1~5倍の成果になる可能性が高いです。

投資は、勇気ですが、
初期制作より成功する可能性は高いです。

費用をかけるだけの価値があります。

以上です。

ホームページリニューアルは、
成果になったところを残し拡張します。

集客できる文章、見やすいデザイン、
使いやすい機能にお金を投じます。

このような集客に本質的なところに
お金をかけることが一番費用を抑えます。

リニューアルのときは、
本質にお金をかけることを意識しましょう。

TOP> > 治療院のホームページリニューアル費用はいくら?(本質にお金をかける)