【治療院向け】Googleページエクスペリエンスアップデート解説

2021/09/23 (更新日:2021/09/23)

【治療院向け】Googleページエクスペリエンスアップデート解説

SEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

2021年6月~8月末に行われたページエクスペリエンスアップデートを解説します。

2021年6月は、3つのアップデートがありました。

  • ①コアアルゴリズムアップデート
    ②ページエクスペリエンスアップデート
    ③スパムアップデート

その中で治療院向けにページエクスペリエンス
アップデートに関する最新情報を解説します。

Googleページエクスペリエンスアップデート解説

「高品質なホームページをつくるためにやるべきこと」

Googleが解説してくれています。

Googleの公式アナウンス

2021年6月中旬から8月末にかけて段階的にアップデートすると
「Google検索セントラルブログ」で紹介されました。

変更になったことが具体的に解説されてます。

Google検索セントラルブログ – ページ エクスペリエンスの更新に対応するための期間、ツール、詳細情報

ページエクスペリエンスアップデートとは

ユーザーが快適にホームページを閲覧できよう、
Googleが定めた基準です。

ただ、この基準もGoogleが独自に調べたユーザーの
動向でしょうから、導入した方が成約率は上がります。

【ページエクスペリエンスアップデート(Page Experience Update)】
ホームページで高品質なコンテンツをつくることはもちろん、ページの表示速度やスマホ対応にユーザビリティの向上、ホームページに訪れてからお問い合わせまでのユーザーエクスペリエンスを快適にしたホームページが上位表示しやすくなる基準です。

ページエクスペリエンスアップデートでは、
複数のことが変わりました。

その中で注目されたことが、
Core Web Vitalsです。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは

複数のルールを組み合わせたガイドラインです。

・モバイル フレンドリー
・HTTP セキュリティ、
・煩わしいインタースティシャルなど

Core Web Vitals が最も大きな変動を与えると推測されます。


画像引用元:Google 検索へのページ エクスペリエンスの導入時期|Google検索セントラルブログ

Core Web Vitalsで知っておくべきことは、
3つのことで評価されているということです。

  • LCP:読み込み時間
    FID:インタラクティブ性
    CLS:ページコンテンツの視覚的な安定

では、ここまでの予備知識をもとに、
どうするべきなのか解説します。

ページエクスペリエンスアップデートを乗り切る

1つずつ、クリアしていきましょう。

Core Web Vitals のクリア

Core Web Vitals には、LCP、FID、CLSという
3つのことから成り立っています。

1つずつ解説します。

LCP(Largest Contentful Paint)
  • ホームページ読み込み時間のことで2.5秒以内が理想とされてます。
FID (First Input Delay)
  • ホームページでクリックされてからブラウザが反応するまでの時間です。
    数値はミリ秒で計測され、100ミリ秒未満で反応することが理想的とされています。
CLS (Cumulative Layout Shift)
  • ホームページコンテンツの視覚的な安定性でレイアウトのズレの許容範囲が0.1未満とされてます。

上記のように、ホームページが開かれるのも早く、
タップ後も早く反応し、ズレがないことを求められてます。

Google から「良好」と認められる基準

Google 検索でページエクスペリエンスが
「良好」になる基準が存在します。

下記のとおりです。


ページ エクスペリエンス レポート – Search Console ヘルプ

上記のことから、ホームページURLのhttpは、
上位表示しづらいことが確定してますね。

また、上位表示を狙うなら、Googleサーチコンソールで
良好であることを常に確認必須です。

以上です。

我々がつくるホームページは、
どんどんユーザー向けになっていきます。

Googleが先生の立場のように
教えてもらえるので、これらを導入していきましょう。

TOP> > 【治療院向け】Googleページエクスペリエンスアップデート解説