GoogleのSEOペナルティとは(圏外になる原因と解決策)

2021/12/06 (更新日:2021/12/06)

GoogleのSEOペナルティとは(圏外になる原因と解決策)

SEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

検索順位が上がらないのですが、ペナルティを受けてますか?

Googleの検索エンジンには、
ペナルティという概念があります。

ペナルティを受けると検索順位が下降したり、
検索エンジンから表示が消えます。

  • 手動と自動の2つの確認があります。

Googleスタッフによる手動での確認作業と
検索アルゴリズムの自動の確認があります。

どちらかに引っ掛かるとペナルティとなります。

ペナルティ復旧のリクエストをする!

ペナルティを受けた理由を修正したら、
自動で回復する場合とリクエスト申請する場合があります。

いずれも解説します。

GoogleのSEOに影響するペナルティとは

Googleペナルティとは

Googleのガイドラインに違反して、
サイトを運営した罰です。

サイトは、すべてのページが順位下降か圏外となり、
SEO対策では復旧できない状態となります。

軽度であれば、順位下降となりますが、重度のガイドライン違反となれば、検索エンジンからインデックス(検索結果に表示されること)から削除されます。順位が付かなくなるので圏外となります。

集客を狙った活動をしても、
ペナルティを受けないようにしなければなりません。

Googleペナルティの原因とは

Googleの品質に関する2つのガイドラインに
違反することがあげられます。

ウェブマスター向けガイドライン

  • ①低品質なコンテンツ
    ②不自然なリンク

低品質なコンテンツとは、自動生成された
コンテンツや内容の薄いページやコピーです。

また、不自然なリンクとは、売買されたリンクや過度に
掲載されたリンクや不自然に海外からリンクが集まることです。

これらは、順位下降の要因となります。

重大なペナルティを受けるケース

隠しテキストや隠しキーワードは、
ペナルティを受け、圏外となります。

Google検索エンジンのロボットを
あざむくような悪質な行為だからです。

SEO対策を目的としたロボット対策は、発見され次第、ペナルティとなり、一発で圏外へと流れます。昔に流行ったSEO対策で推奨していた業者はすべてのサイトが圏外となり、会社は残っていません。

ユーザーのために高品質なコンテンツを提供することから
ほど遠い行為は悪質なことと捉えられます。

Googleペナルティ対策と解決策

ペナルティには、2種類があります。

①手動ペナルティ
②自動ペナルティ

解説します。

①手動ペナルティ

Googleの人間が確認したペナルティが
手動ペナルティです。

Google Search Console で確認することができます。

手動ペナルティを受けるとメッセージが表示されます。

修正が完了したら、再審査リクエストを送信する必要があります。

②自動ペナルティ

Googleのアルゴリズムがスパム(迷惑行為)と
判定した場合に順位を下げられることです。

検索順位から落ちてもインデックスから
削除されるというわけではありません。

順位の下降するペナルティです。しかし、それはペナルティの中でも軽い方です。

自動ペナルティの面倒なことは、
ペナルティを受けてもわからないことです。

ただ、順位が下がっているだけなので、
ガイドラインで何に違反しているのか探さなければなりません。

自動ペナルティは、再審査リクエストの必要はありません。
Googleクローラーが回ってきて、解除されます。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > GoogleのSEOペナルティとは(圏外になる原因と解決策)