画像SEOとは(画像検索最適化)

2022/05/21 (更新日:2022/05/21)

画像SEOとは(画像検索最適化)

SEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

Googleの画像検索で上位表示はできますか?

画像SEOの最適な対策を行えば、上位表示を狙うことができます。

上位表示する画像には、検索エンジンの
SEOと同じ一定の法則があります。

  • Googleの画像検索とは?

もし、Googleの画像検索がわからない方は、
下記、記事も合わせてお読みください。

似た画像を探すのはGoogle類似画像(ネットで著作権侵害はできない)

Google画像検索は、YouTubeより検索されている。

米国の検索市場では、Google画像検索は21%も占めています。

それは、YouTube、Bing、Yahoo、Amazon、Facebook、Googleマップ、
Twitter、Pinterest、DuckDuckGo の月間検索回数より多いです。(2018、SparkToro)

需要の上がりつつある画像検索を解説します。

画像SEOとは(将来の検索エンジン)

画像SEOとは

画像検索で上位表示を狙うSEO対策です。

Googleの画像検索で上位に入り、
アクセスを集めることができます。

  • SEO:検索エンジンでウェブページを上位表示
    画像SEO:画像検索で上位表示

Google画像検索は、検索された
文言に合う画像が表示されます。

左上に表示されるほど、順位が高いです。

高まる画像検索の需要

英語圏をはじめ、文字を読まない人が増えているためです。

文章を画像化して、表現することが増えていることもあります。

SNSでは、facebookから始まり、Instagram、Youtube、TikTokとつかわれる文字が減っていきました。Google検索でも文字だけのサイトよりも、写真や画像で解説する方が受け入れられやすくなりました。

Google検索をする人が増えるのは、
文字を苦手とする世代が増えているためです。

最適化できる項目

画像SEOには、たくさんの手法があります。

その中でも効果を発揮しやすい項目をあげました。

  • ・オリジナルの画像であること(素材でも可)
    ・alt属性を設定
    ・altとページタイトルを合わせる
    ・画像のデータ容量を軽量化
    ・レスポンシブに対応
    ・サムネイルに設定

たとえば、施術を解説するために少ない文字の
イラストで解説された画像は受け入れられやすいです。

SEOと同じように滞在時間が多い、クリック率の高い
画像は、上位表示しやすい傾向にあります。

画像SEOの最適な対策(初級編)

alt属性

altとは、ホームページの画像にあるシステムのコードです。

altに入れた文字がGoogle検索のロボットに読み込まれ、
画像を最適な検索ワードで表示してくれるのです。

altには、2つの言葉を入れます。

①画像に記載されている文言
②画像に関係する文言(上位表示したいキーワード)

画像と上位表示したいキーワードが
関係してなければ、もちろん上がりません。

Googleの検索ロボットは、画像に記載されている
文章を読み取ることができることを覚えておきましょう。

ページタイトルと画像をマッチさせる

画像SEOを成功させるために
3つの整合性を取りましょう。

・ページタイトル
・本文のキーワード率
・画像のalt文言

上位表示したいキーワードを画像とaltに入れても、
ページタイトルや本文と関係なければ、上がりづらいです。

1つだけ対策しても意味がないということです。

全体的な整合性を取りましょう。

画像形式

とても重要です。

Googleがサポートしている画像形式は、
下記のようになっております。

それ以外では、表示されないもしくは、
表示されても下位になる可能性があります。

・JPG
・PNG
・GIF
・SVG
・BMP
・Webp

最も推奨されている形式はWebpです。

画像読み込み速度が速いことから、
上位表示しやすくなると考えられます。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 画像SEOとは(画像検索最適化)