Googleが注意喚起するSEO業者6選(優良企業と詐欺会社の見極め方)

2022/05/12 (更新日:2022/05/13)

Googleが注意喚起するSEO業者6選(優良企業と詐欺会社の見極め方)

SEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「SEOで治療院に集客が成功してほしい。でも、変な企業にだまされてほしくない!」

Googleは、SEOをすることを推奨してます。

しかし、世の中には効果のないものを販売したり、
なにを売っているのかわからないことに課金してきます。

【このようなSEO業者には気を付けて!】
・不審なメールの誘い
・検索順位は販売してない
・手の内を明かさない
・リンク対策を販売する
・業者は注意深く選択する
・サービス内容が明確ではない

Googleセントラルブログで解説されている
Googleが警告するSEO業者がよくする手口です。

では、具体的にどういうことか1つずつ解説します。

Googleが注意喚起するSEO業者6選

不審なメールの誘い

突然、メールやお問い合わせから、
メール営業されることです。

詐欺会社は、不特定多数にメールを送っている可能性が高いからです。

不審なメールを送信する SEO 業者、ウェブ コンサルタント、代理店にご注意ください。

Google にも次のような迷惑メールが届きます。

「google.com 御中
御社のウェブサイトにアクセスしたところ、ほとんどの主要な検索エンジンとディレクトリに登録されていないことがわかりました。…」

「睡眠中に脂肪を燃焼させる」と称するダイエット薬や、追放された独裁者の資産を国外に移転するための支援要請などと同様に、検索エンジンに関するおせっかいなメールにも疑いの目を向けてください。 – Googleセントラルブログ

知らない会社のメールや電話営業は、
基本的には断りましょう。

Googleは、検索順位は販売しない

「検索エンジンで1位をいくらで販売してます。」といった
順位を販売するような会社です。

「Googleとつながりがある」「1位になることを保証する」
「特別なルートがある」という会社も要注意です。

Google で一番上に掲載されることは誰にも保証できません。

サイトの掲載順位を保証すると主張する業者、Google との「特別な関係」を強調する業者、Google への「優先登録」を宣伝している業者には、注意が必要です。Google への優先登録などというものはありません。実際のところ、Google に直接サイトを送信するには、URL 検査ツールを使用するか、サイトマップを送信するしかありません。これらはご自身で実施できます。 – Googleセントラルブログ

甘い言葉に乗せられないように!

手の内を明かさない

かなり危険信号です。

「SEOで特別な方法を取っているので教えることはできません。」
という極秘の裏技を持っているような会社です。

Google SEO は、地道な作業です。

隠し立てする会社や、行動の目的を明確に説明しない会社には、用心してください。

不明な点があれば説明を要求しましょう。SEO 業者が誘導ページや使い捨てのドメインなどを使用して、人を欺くようなコンテンツをユーザーの代わりに作成した場合は、そのユーザーのサイトが Google インデックスから完全に削除される可能性があります。結局、どの業者を選ぶかはユーザーの責任になりますので、その業者が契約者をどのように支援するつもりなのか正確に把握しておくことが大切です。SEO 業者がユーザーの FTP サーバーにアクセスできる場合は、ユーザーのサイトに加えたすべての変更について、進んで説明するべきです。 – Googleセントラルブログ

裏技があったとしても、そう長くはつかえません。

リンク対策を販売する

リンク販売は、ペナルティ対象です。

リンク対策で上位表示ができる時代は終わりました。

SEO 業者にリンクする必要は一切ありません。

リンクのトラフィック対策、何千もの検索エンジンへのサイトの登録申請などによる効果を宣伝している SEO 業者は、避けてください。一般的にこれらの対策は効果がなく、主要な検索エンジンにおける検索結果の掲載順位に影響しません。少なくとも、効果があったと思えるほど掲載順位が上がることはありません。 – Googleセントラルブログ

優良企業からのリンクは効果があります。

しかし、リンクを販売するような会社から
リンクされても効果はありません。

業者は注意深く選択する

SEO業者からの提案は、複数の会社に
相談してから決めても遅くはありません。

料金が相場なのか、よい会社なのか、
評判を聞いてもよいかと思います。

賢明な選択が求められます。

SEO 業者との契約を検討する際は、業界について調査することをおすすめします。もちろん、Google を使うのも 1 つの方法です。Google では、特定の業者については言及しませんが、これまで遭遇した会社の中には、SEO 業者と名乗りながら、認められるビジネス行為の範囲を明らかに超えた行為を行っている業者もあります。くれぐれもご注意ください。 – Googleセントラルブログ

初回は、数万円でお願いして、
信頼をつくってからでもよいかと思います。

サービス内容が明確ではない

依頼する当事者がなににお金を支払うのか、
明確に理解を深めましょう。

治療院業界では、信頼という名の
「丸投げ」をして失敗するケースが多いからです。

何に対して料金を支払うのかを確認しましょう。

Google は検索結果の掲載順位の販売は一切行っていませんが、検索エンジンによっては、クリック課金制や検索結果への表示課金制と、通常のウェブ検索結果を組み合わせていることがあります。SEO 業者の中には、検索エンジンでの表示を上位にすると約束しながら、検索結果ではなく、広告のセクションにサイトを掲載する業者がいます。また、業者によっては、他の検索エンジンを「コントロール」して自由にサイトの表示順位を選択できると錯覚させ、リアルタイムで価格を変動させる場合もあります。Google では、広告を広告として明示し、検索結果とは区別しているため、このような詐欺行為は不可能ですが、契約を検討している SEO 業者に対して、検索結果への恒常的な登録に対する料金なのか、それとも一時的な広告の料金なのかを必ず確認してください。 – Googleセントラルブログ

悪い人は、わからない人に不要なものまで売りつけます。

本当になにが必要なのか考えてから決めましょう。

参考:有用なガイドライン – Googleセントラルブログ

TOP> > Googleが注意喚起するSEO業者6選(優良企業と詐欺会社の見極め方)