過呼吸(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/17 (更新日:2021/09/27)

過呼吸(治療院の自律神経に関わる症状)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

過呼吸を専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【過呼吸】参考文章(1,152文字)

  • 当院では、自律神経失調症の辛い症状で悩んでいる方が多く来院されます。突然起きる過呼吸に苦しんでいる患者様が、徐々に回復されています。

自律神経が乱れると、不安感や緊張感などにより「過換気」の症状を引き起こすことがあります。息苦しさから本人もパニック状態に陥り、恐怖感も生じます。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。体調不良のため医療機関を受診するも、異常がみられない状態をいいます。

自律神経失調症では「過換気症候群」が出現することもあります。

過換気症候群とは、通常よりも呼吸の回数が速くなります。それに伴い、次のような症状も出現しやすいです。

・動悸
・めまい
・息苦しい
・手足のしびれ
・手のけいれん

肺や心臓などの検査を行っても異常は見られません。発症後に適切な対処をすると、基本的に予後は良好です。

突然に起こる息苦しさに苦悩している患者様がいます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

過呼吸の原因

過呼吸になる原因は、心理面に関係するケースが多くみられます。原因は、次のようなことが挙げられます。

・緊張感
・強い不安感
・神経質な性格
・几帳面な性格
・強いストレス

これらのことが引き金となり、過呼吸が発症しやすくなります。

過呼吸が悪化するとどうなるの?

前述したように、基本的には予後が良好です。まれにですが、全身のけいれんや意識障害が起きることもあります。

人間の呼吸は、酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出します。しかし、過呼吸の状態が続くと、体内の二酸化炭素の排出が増え続けます。人間の体内は中性ですが、二酸化炭素の欠乏により、アルカリ性へと傾きます。すると、重症化し意識障害などへ導くこともあります。

症状を改善するために

過去に過換気症候群を発症したことがある場合は、誘因となっていることを明確化しましょう。そして、日常生活の中でストレスを感じるような状況を避けることも必要です。

もし、強い不安感や緊張感、激しいストレスなどを感じたときには、未然に深呼吸をしましょう。深呼吸をすることで気持ちが落ち着き、過呼吸の予防となります。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の過呼吸を改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、過呼吸で悩んでいる患者様を改善しています。

過呼吸を改善したいが、どこで治療を受けて良いか困っている患者様を救ってきました。
そして、今後も過呼吸の再発防止するための取り組みもしています。

つらい過呼吸が再び起こらないよう、一緒に前へ進んでいきましょう。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 過呼吸(治療院の自律神経に関わる症状)