立ちくらみ(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/21 (更新日:2021/09/27)

立ちくらみ(治療院の自律神経に関わる症状)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

立ちくらみを専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【立ちくらみ】参考文章(1,316文字)

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。立ちくらみやそれによって引き起こるめまいやふらつきなどが、徐々に回復されています。

自律神経が乱れると、立ち上がりなどの起き上がる動作のときに、立ちくらみが生じます。立ちくらみによる不快な症状や転倒などのリスクもあるので、注意が必要です。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで多種多様な症状が出現します。症状は個人差があり、一概には言えません。

自律神経失調症では、立ちくらみの症状が出現することもあります。それに伴い、次のような症状も出現しやすくなります。

・めまい
・ふらつき
・もうろうとする
・力が入りにくい
・感覚が鈍くなる
・目の前が暗くなる
・首の後ろが痛くなる

立ち上がったとき、脳への血流量が一時的に低下するため、上記のような症状が出現します。
急に症状が出現するので、恐怖を感じる方もいます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

立ちくらみの原因

自律神経失調症により立ちくらみが起こる原因は、自律神経系の働きが低下するため起こります。

自律神経は、活動時に働く交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経があります。立ち上がる動作をしたとき、自律神経は次のように作用します。

まず交感神経が作用すると、副交感神経の作用は抑制されます。次に、足や内臓の血管が細くなり、心臓に戻ってくる血流が増えることで血圧が維持できます。

しかし、自律神経失調症により自律神経の作用が乱れると、立ちくらみの症状として表れます

立ちくらみが悪化するとどうなるの?

長期に立ちくらみの症状があると心配なのは、立ちくらみ時の転倒による障害と恐怖心です。

転倒によって打ち身や打撲だけでなく、骨折、頭部外傷などを引き起こす可能性があります。

急に起きる立ちくらみに対する恐怖心や不安感が出現することもあります。そこから、パニック障害を引き起こすリスクも高いです。

症状を改善するために

立ちくらみを予防するために、次のことを心がけましょう。

・自律神経の乱れは、ストレスや疲労なども原因となります。
・日頃からストレスや疲労の蓄積に注意しましょう。
・起床時は特に、起き上がるときに立ちくらみが生じやすいです。
・ゆっくりと起き上がるようにしましょう。
・水分の不足も血流不足から、立ちくらみの原因となります。
・こまめに水分摂取を心がけてください。
・食後は、食べ物を消化吸収するため、体全体の血液が消化管へと集中します。
・そのため、食後は立ちくらみが生じやすいので気を付けましょう。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では自律神経失調症で立ちくらみを改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、立ちくらみで悩んでいる患者様を改善しています。

当初は、治療後にも立ちくらみが起きていた患者様が徐々に改善されています。
立ちくらみによる恐怖を感じている患者様もいます。今後も立ちくらみが起きないよう、再
予防の取り組みもしています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 立ちくらみ(治療院の自律神経に関わる症状)