吐き気(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/20 (更新日:2021/09/27)

吐き気(治療院の自律神経に関わる症状)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

吐き気を専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【吐き気】参考文章(1,172文字)

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。吐き気による気分不快で困っていた方が、徐々に回復されています。

自律神経が乱れると、吐き気やそれに伴う食欲不振、めまい、不快感などが表れます。気分が悪いので、日常生活にも支障が出ることがあります。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。症状の出現は複数出ることもあり、個人差が著明です。

自律神経失調症の症状では、吐き気が出現することがあります。それに伴い、次の症状も出現しやすくなります。

・嘔吐
・めまい
・食欲不振
・気分不快感
・お腹の張り
・臭いに敏感になる

「乗り物酔い」や「つわり」のような気分の悪さが続き、とても辛いです。吐き気から食欲も低下することがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

吐き気の原因

自律神経失調症による吐き気の原因は、ストレスが考えられます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動時に作用し、副交感神経はリラックスしている時に作用します。

胃腸は副交感神経の働きで作用しますが、自律神経が乱れると交感神経との働きにバランスが保てなくなります。食べ物の消化吸収作用がうまく機能しないことから、吐き気や胃腸症状が出現します。

吐き気が悪化するとどうなるの?

吐き気が続くと、食事も摂れなくなります。栄養状態の悪化から「低栄養状態」「うつ病」へ移行することがあります。この2つについて、お話していきます。

低栄養状態

吐き気に伴い気分不快から、食事量も低下します。食事摂取量の低下から栄養不良となり、体力の低下や病気に罹りやすくなります。

うつ病

食事が摂れない状態が長期化すると栄養不足も伴い、自律神経失調症からうつ病へ移行しやすくなります。栄養不足は、うつ病自体も悪化しやすくです。

症状を改善するために

日常生活の中で、ストレスを溜めないことが大切です。読書、運動、入浴、音楽鑑賞など、自分に合ったストレス発散方法を見つけ、ストレスと上手に付き合いましょう。

吐き気がある時は、次のような対応をしましょう。

・水分はこまめにとる
・辛いときは、安静にする
・食事は無理せず、好きな食べ物を食べましょう

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の吐き気を改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、「吐き気の改善とともに食事も摂れ、とても元気になりました。」と吐き気で悩んでいる患者様を改善しています。

「もう二度とこのような症状を味わいたくない」という方も多いです。
再発予防のための取り組みを、患者様と一緒に行っています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 吐き気(治療院の自律神経に関わる症状)