やる気が出ない(無気力)(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/16 (更新日:2021/09/27)

やる気が出ない(無気力)(治療院の自律神経に関わる症状)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

やる気が出ない(無気力)を専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【やる気が出ない(無気力)】参考文章(1,389文字)

  • 当院では、自律神経失調症で辛い患者様が多く来院されます。「最近、なんだかやる気が出ない」「からだがだるい」このような「無気力」な方が、徐々に回復されています。

自律神経の乱れから、何もしたくない無気力な状態となります。無気力な状態が続くと、様々な場面で影響を及ぼします。

自律神経失調症とは、神経のバランスが崩れることで様々な症状が生じることです。

自律神経失調症の症状の中でも「やる気が出ない」「無気力」な症状が出ることがあります。
詳しくは、次のような状態をいいます。

・何事も億劫に感じる
・何をしても楽しくない
・朝、布団から出られない
・気分が乗らない、落ち込んでいる

「やる気が出なくて、何も楽しめない」このような症状がみられるのが特徴です。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

やる気が出ない(無気力)の原因

自律神経失調症によって、やる気が出なくて無気力になるのは「神経伝達物質」の乱れです。

神経伝達物質は、アドレナリンやドーパミン、セレトニンなどが分泌されています。これらは、人の感情や行動、自律神経にも大きく影響を与えます。

「無気力症候群」も原因となります。詳しくお話していきます。

スチューデントアパシー

受験に合格後、目標がなくなり喪失感に陥る
児童の不登校や社会人の出勤困難

燃え尽き症候群・バーンアウト

最善を尽くすも期待した結果が得られないときに陥る

モラトリアム

目標を失い、アイデンティティが確立できずに無気力となる

その他、過度なストレスや疲労の蓄積が続くと、自律神経が乱れる原因となります。

やる気が出ない(無気力)が悪化するとどうなるの?

やる気が出なくて無気力が続くと、他の疾患に移行する場合もあります。どんな疾患があるのか、お話していきます。

うつ病

様々なストレスの影響で、脳がうまく機能しなくなります。何においても、ネガティブな思考に陥ります。うつ病に対する治療が必要です。

認知症

認知症は、知能や精神機能が減退消失していきます。最初は、ネガティブな思考が徐々に無気力な状態へと移行します。日常生活のサポートが必要となります。

慢性疲労症候群

強い疲労感が長期間続き、無気力な状態に陥ります。悪化すると、日常生活に支障が出ます。

やる気がでなくて無気力な状態が続くと、日常生活や社会生活にも影響が出ます。早めに対処し、治療をすることが大切です。

症状を改善するために

やる気が出なくて無気力を改善するには、次のことをしましょう。

・良質な睡眠をとる
・規則正しい食生活
・栄養バランスの摂れた食事
・規則正しい生活習慣
・1日1回は外出をする

これらは、自律神経の乱れの改善と再発予防にもつながります。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。

そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症のやる気が出なくて無気力を改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、自律神経失調症で悩んでいる患者様を改善しています。

自律神経失調症の症状は、本当に辛いと思います。二度と罹りたくないと思うのではないでしょうか?

当院では、自律神経失調症の治療と合わせて再発防止の指導もしています。
自律神経失調症を発症した原因から生活習慣のサポートもしています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > やる気が出ない(無気力)(治療院の自律神経に関わる症状)