耳鳴り(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/11 (更新日:2021/09/27)

耳鳴り(治療院の自律神経に関わる症状)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

耳鳴りを専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【耳鳴り】参考文章(1,473文字)

  • 当院では、自律神経失調症の辛い症状が改善させず、悩んでいる方が多く来院されます。耳鳴りによる不快感で困っていた方が、少しずつ回復されています。

自律神経が乱れると、耳鳴りが生じ雑音が聞こえてきます。聞こえづらいのと気分不快から、日常生活に影響を及ぼすこともあります。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。医療機関に受診し検査をするも、異常がみられない状態をいいます。

自律神経失調症の症状では、耳鳴りが生じることがあります。耳鳴りとは、周囲には聞こえない音が耳の中で聞こえる症状をいいます。耳鳴りで聞こえるのは、次のような音です。

・ボー
・ゴー
・ジー
・キーン
・ピーン
・ブンブン

低い音から金属音、電子音のような音が、耳の中で鳴り響きます。不気味な感じもする音なので、耳鳴りを感じると気分も悪くなりやすいです。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

耳鳴りの原因

自律神経失調症による耳鳴りの原因は、次のことが挙げられます。

・疲労感
・睡眠不足
・不規則な生活習慣
・仕事や人間関係などのストレス

耳鳴りの特徴として、普段は耳鳴りを感じません。イライラ時や睡眠不足のときなどに、耳鳴りが生じやすいです。耳鳴りは、体が悲鳴をあげている状態です。適切な対処をすると、耳鳴りが改善されます。

耳鳴りが悪化するとどうなるの?

耳鳴りが続くことによって、気分不快から食事量の低下とうつ病を引き起こす可能性があります。

食事量の低下

耳鳴りによって気分不快が生じ、食事量が不足しやすくなります。食事量の低下から低栄養状態へと移行する可能性もあります。低栄養状態が続くと、疲れやすいのと病気にも罹りやすくなります。

うつ病

耳鳴りによって不快な音が生じると、気分も暗くなります。よってマイナス思考の状態が続き、自律神経失調症からうつ病へと移行しやすくなります。

症状を改善するために

耳鳴りの原因は、主にストレスです。自分にとってのストレスを明確化しましょう。そして、自分に合ったストレス発散法をみつけることが必要です。

ストレスは、溜まる前に発散することを心がけましょう。

自律神経を整えるため、次のことを行いましょう。

  • ・十分な睡眠
    ・適度な運動
    ・規則正しい生活習慣
    ・バランスの摂れた食事
    ・ぬるま湯のお風呂につかる
    ・気分転換(リラックス)の時間を確保する

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では、自律神経失調症の耳鳴りを改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、耳鳴りで悩んでいる患者様を改善しています。

当初は、辛くて暗い表情をしていた患者様が、徐々に笑顔がみられるようになりました。

耳鳴りの不快な症状が軽減し、喜ばれています。今後も耳鳴りが出現しないよう、生活指導も実施しています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 耳鳴り(治療院の自律神経に関わる症状)