ぎっくり腰(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/12 (更新日:2021/08/12)

ぎっくり腰(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

ぎっくり腰ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【ぎっくり腰】参考文章(1,103文字)

  • 当院では、ぎっくり腰で困っている方が多く来院されます。突然の激痛で苦しんでいた方の痛みが軽減し、喜ばれていました。

ぎっくり腰は急激に発症し動けなくなるので、患者様も戸惑いを隠せません。欧米では「魔女の一撃」と比喩的な表現をしています。

ぎっくり腰とは、何かの動作をきっかけに突然激しい腰の痛みが起きることです。正式には「急性腰痛」といいます。次のような症状が出ます。

・筋力がつっぱる
・ぴりっとした痛み
・じんじんとした痛み
・起き上がることが困難な痛み

通常は、10日から2週間程度で腰痛は軽減します。一度ぎっくり腰を発症すると、再発しやすい特徴があります。

激しい腰の痛みで、日常生活にも支障がでることもあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰が発症しやすいのは、次のような動作です。

・靴をはく
・くしゃみをする
・掃除機をかける
・急に腰をひねる
・少しお辞儀をする
・重い物を持ち上げたとき

以上のことからぎっくり腰は「前かがみの姿勢」「急に姿勢を変えたとき」「前かがみで物を持ったとき」の動作に気を付けましょう。

ぎっくり腰ではない場合

通常ぎっくり腰は、腰痛が起きてから10日から2週間程度で改善します。

腰痛の改善が見られない場合や、両下肢のしびれなどが起きているケースは、他の疾患が考えられます。医療機関の受診をすることをおすすめします。

また、ぎっくり腰を繰り返し発症すると、腰椎椎間板ヘルニアになりやすくなります。

症状を改善するために

ぎっくり腰には、骨盤矯正を行いましょう。

ぎっくり腰が発症する要因には、次のことが挙げられます。

・腹圧の低下
・骨盤・背骨のゆがみ
・腰椎の柔軟性の欠如
・インナーマッスルの硬さ

施術をすることで、骨盤や背骨のゆがみを整え、硬くなっている筋肉をほぐしていきます。全体的な身体のバランスが整うと、腰痛も改善していきます。

腰椎の柔軟性をつけると、腰の動きが良くなり、ぎっくり腰の再発も防げます。

快適な生活を送るために

当院では、ぎっくり腰で悩んでいる患者様を改善しています。

激痛で歩くことも大変だった患者様が改善されました。何度もぎっくり腰を発症していた患者様が、発症しなくなりました。

当院では、つらいぎっくり腰を予防する指導も行っております。

ぎっくり腰でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > ぎっくり腰(治療院の症例ページ参考文章)