眼精疲労(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/16 (更新日:2021/08/16)

眼精疲労(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

眼精疲労ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【眼精疲労】参考文章(1,191文字)

  • 当院では、眼精疲労で悩み困っている方が多く来院されます。目の疲れだけでなく頭痛で困っていた方が、徐々に改善されていきました。

パソコンやスマートフォンの普及により、ライフスタイルの変化から目を酷使する機会が増えています。

眼精疲労とは目の作業から、休息や睡眠などをとっても症状が回復しない状態を言いますが、具体的にはこのような症状です。

・目の疲れがとれない
・疲れてくると目がかすむ
・視野が狭くなってきている
・長時間のパソコンでの作業がつらい
・目の疲れから吐き気を催すことがある
・目の疲れから首が凝り、頭痛、肩こりまでする

眼精疲労は、パソコンを長時間使用する方に多くみられます。つらい症状で仕事に集中できないこともあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

眼精疲労の原因

眼精疲労の主な原因は、次のことが挙げられます。

・ドライアイ
・頸椎のゆがみ
・精神的ストレス
・自律神経の乱れ
・近視や乱視の進行
・目の周辺の筋肉の緊張

首に負担がかかる姿勢の悪さは、頸椎のゆがみにつながります。

スマートフォンやパソコンからは、ブルーライトが放出されます。それにより、自律神経が興奮し身体が緊張状態になることで、目の疲れが生じます。

視力に合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用は、眼精疲労を助長することがあります。

長時間の目を使う作業は、疲労から血流の流れが悪くなり、筋肉が硬くなります。

眼精疲労が悪化するとどうなるの?

症状が悪化すると、激しい頭痛や吐き気を伴うことがあり、日常生活や社会生活にも影響が出ることもあります。

頭痛と吐き気の原因が眼精疲労だけでなく、他にも原因がある場合も考えられます。

このようなケースでは、医療機関の受診をおすすめします。

症状を改善するために

眼精疲労を改善するために、姿勢矯正を行いましょう。

眼精疲労の改善のため「頸椎のゆがみを含め姿勢の矯正」と「首・肩周りへのアプローチ」を行います。身体のゆがみを矯正することで、身体のバランスが整い、姿勢が改善されます。

首や肩回りのカチカチに硬くなった筋肉をほぐすことで、血流が改善されます。

1,2回だけでなく数回、姿勢矯正をすると、眼精疲労が軽減し爽快感が得られます。

快適な生活を送るために

当院では、眼精疲労で悩んでいる患者様を改善しています。

目のかすみから、パソコンでの作業が辛かった方が改善しました。
首回りの疲労感も改善したと喜ばれています。

眼精疲労は、再発しやすい特徴があります。再発予防の指導にも力を入れています。

眼精疲労でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 眼精疲労(治療院の症例ページ参考文章)