腰椎分離症・すべり症(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/25 (更新日:2021/08/25)

腰椎分離症・すべり症(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

腰椎分離症・すべり症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【腰椎分離症・すべり症】参考文章(1,140文字)

  • 当院では、腰椎分離症・すべり症で悩んでいる方が多く来院されます。腰痛で部活動を休止していた方が、再び部活動に専念できるようになりました。

腰椎分離症・すべり症は、腰の動きが激しいスポーツで発症しやすい傾向があります。

腰椎分離症とは、スポーツ等による腰の回旋の動作から、腰椎の後ろ側に亀裂が入ることです。その後、亀裂した骨が分離をして前後に滑ることをすべり症といいます。

腰椎分離症・すべり症では、次のような症状が出やすいです。

・腰痛
・両下肢のしびれ
・お尻や太ももの痛み
・腰を後ろに反らした時痛み

スポーツをしている中高生が発症しやすいです。腰痛は、徐々に痛みが強くなります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

腰椎分離症・すべり症の原因

発症の原因は、主に先天性のものとスポーツ関連に分かれます。次のことが挙げられます。

・先天性の骨の形成不全
・腰の回旋を用いた運動の繰り返し
・運動前の不十分なストレッチ
・スポーツによるオーバートレーニング

発症しやすいスポーツは、次のスポーツです。

  • ・柔道
    ・野球
    ・サッカー
    ・バレーボール
    ・バドミントン
    ・バスケットボール

腰への負荷がかかるスポーツは、発症しやすいです。

腰椎分離症・すべり症が悪化するとどうなるの?

基本的には、保存的な治療を行います。骨の状態が良くなるまでは、スポーツの活動は休止となります。

腰痛があるのに無理をすると、両下肢の痛みやしびれだけではなく、他の症状も出現します。

排便や排尿が出ないことや、尿便失禁が生じることもあります。ここまで進行すると、手術の適応が考えられます。

症状を改善するために

腰椎分離症・すべり症を改善するために、施術をうけましょう。

まず、痛みの原因となる筋肉の緊張や炎症しているところを特定します。硬くなっている筋肉をマッサージでもみほぐします。

痛みの原因となっている体幹や下肢の筋力強化をしつつ、姿勢の改善もしていきます。

このように筋肉の緊張をほぐしつつ、筋力強化をしていくと、症状が徐々に改善していきます。

快適な生活を送るために

当院では、腰椎分離症・すべり症で悩んでいる患者様を改善しています。

激しい腰痛で困っていた患者様が改善されました。腰痛による部活動の休止で元気がなかった患者様が、腰痛の改善と部活の再開で活気を取り戻しました。

今後も再発しないよう、予防の指導もしております。

腰椎分離症・すべり症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 腰椎分離症・すべり症(治療院の症例ページ参考文章)