産後のぽっこりお腹(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/07 (更新日:2021/08/06)

産後のぽっこりお腹(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

産後のぽっこりお腹ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【産後のぽっこりお腹】参考文章(987文字)

  • 当院では、産後のぽっこりしたお腹で悩んでいる方が多く来院されます。産後の体重は戻りつつもお腹がぽっこりしていた方が、徐々に改善されました。

出産後は、骨盤の傾きやゆがみで、出産前の体型に戻りづらいです。

産後、お腹がぽっこりしているのは、出産による骨盤のゆがみが大きな要因となります。そして、次のような特徴があります。

・体重は減りつつある
・下っ腹だけ出ている
・妊娠前に履いていたズボンが履けない

出産前の体型に戻したいが、お腹が出ています。お腹がぽっこりとしているのは、恥ずかしいです。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

産後のぽっこりお腹の原因

ぽっこりしたお腹の原因について、項目ごとにお話していきます。

骨盤のゆがみ

妊娠中から出産まで、女性ホルモンである「リラキシン」が分泌されます。このホルモンは、出産に備え骨盤を開く作用があります。よって、骨盤がゆがみやすくなります。骨盤がゆがむと、内臓の臓器が下がり、ぽっこりとしたお腹となります。

運動不足・筋力低下

運動が不足することで、筋力も低下します。そのため、脂肪がつきやすくなり、ぽっこりお腹となります。

ストレスと暴飲暴食

慣れない育児に対するストレスで暴飲暴食する場合があります。もしくは、授乳中のため栄養をとるために、食べ過ぎることがあります。栄養の過多は、ぽっこりお腹に繋がるので、避けましょう。

産後のぽっこりお腹が悪化するとどうなるの?

この状態は、産後の骨盤がゆがんだままです。このまま継続すると、他の骨盤のゆがみの症状が出現する可能性があります。

次のような症状が挙げられます。

・腰痛
・便秘
・冷え
・不妊
・肩こり
・生理痛
・尿漏れ
・下肢のむくみ

症状を改善するために

ぽっこりお腹を改善するには、骨盤のゆがみを矯正する必要があります。骨盤矯正を行いましょう。

骨盤がゆがみと、子宮や腸などの内臓の位置が下がります。よって、お腹がぽっこりと出た状態となります。

産後6ヵ月までの間に骨盤矯正を行うと、ぽっこりお腹は改善しやすくなります。

快適な生活を送るために

当院では、産後のぽっこりお腹で悩んでいる患者様を改善しています。

産後の体型の変化に悩んでいた患者様が、スタイルアップをしました。
妊娠前に履いていたスカートやズボンが履けるようになっています。

産後のぽっこりお腹でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 産後のぽっこりお腹(治療院の症例ページ参考文章)