産後クライシス(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/08 (更新日:2021/08/08)

産後クライシス(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

産後クライシスページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【産後クライシス】参考文章(1,111文字)

  • 当院では、産後クライシスで悩みを抱えている方が多く来院されます。出産後から、イライラやストレス、疲労感などが強く、夫婦間に亀裂が生じていた方が、少しずつ回復されています。

出産後のママは、赤ちゃんのお世話を中心に行います。慣れない育児と家事に追われる日々です。一方でパパは、出産後の生活に変化があまりありません。この夫婦間の相違などが、夫婦関係へも影響を及ぼすことがあります。

産後クライシスとは社会現象のひとつで、産後に起こる夫婦の危機的状況のことを言います。ママがパパに対する不満が募り、次のようなことがママに表れます。

・イライラ感が強い
・夫婦間の会話が極端に減った
・パパへの愛情が減ったと感じる
・自分もどうして良いかわからない
・他人のパパと比較し、羨ましく感じる

出産後、ママの様子に変化がみられます。どうしたら良いのか分からない、戸惑いが伝わります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

産後クライシスの原因

様々な要因が重なることによって、産後クライシスが起こりやすくなります。

・子ども中心の生活になる
・パパの育児への協力不足
・慣れない育児の疲れや不安
・出産によるホルモンの乱れ
・パパに父親としての自覚がない
・夫婦間のコミュニケーション不足
・他のパパのイクメンぶりが羨ましくなる

産後は、出産前とは生活が大きく異なります。育児に対しパパの無関心な態度や気遣いのない言動なども原因に含むこともあります。

産後クライシスが悪化するとどうなるの?

産後クライシスから、離婚へ至ることもあります。

子どもが2歳までの間に、30%の夫婦が離婚されています。産後のライフスタイルの変化から、夫婦の溝が生じ埋まらないようです。

産後クライシスは、予防する方法もあります。

症状を改善するために

ママとパパ、別々に改善法について紹介します。

ママ

・他のパパと比較しない
・誰か相談相手をみつける
・子どもを預けて、息抜きの時間を作る
・イライラするのは、ホルモンのせいにする

パパ

・家事を協力する
・気遣いを忘れない
・ママがイライラしているのは、ホルモンのせいにする、一時的と割り切る

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で産後クライシスに伴う症状を改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、産後クライシスで悩んでいる患者様を改善しています。

イライラや疲労感の回復がみられます。施術の時間は、育児と家事に解放されつつ、リフレッシュができ、とても喜ばれています。

産後クライシスでお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 産後クライシス(治療院の症例ページ参考文章)