産後うつ(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/03 (更新日:2021/08/03)

産後うつ(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

産後うつページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【産後うつ】参考文章(1,071文字)

  • 当院では、産後うつの辛い症状で悩んでいる方が多く来院されます。産後の気分の落ち込みや焦燥感、不眠などで困っていた方が、少しずつ回復されています。

出産後は、女性ホルモンの乱れや慣れない育児などが重なり、産後うつを発症しやすくなります。

産後うつとは、出産後数か月以内に発生するうつ病です。産後の10~15%のママに起きやすいと言われています。症状は、次のような症状が出現しやすくなります。

・疲労感
・食欲不振
・睡眠障害
・イライラしやすい
・涙が止まらなくなる
・興味関心がなくなる
・気分の浮き沈みがある
・赤ちゃんがかわいいと思えない

いつもと違う自分に本人も戸惑うことがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

産後うつの原因とは

産後のうつは、様々な原因から発症しやすくなります。原因として、次のようなことが考えられます。

・女性ホルモンの乱れ
・家族からのサポート不足
・夫婦関係などの家庭内問題
・慣れない育児によるストレス
・望まない妊娠によるストレス
・妊娠前や妊娠中にあったうつ病

過去にうつ病を発症している場合は、産後うつにかかりやすいです。
ひとつだけでなく、複数の原因が重なると、産後うつを発症しやすくなります。

産後うつが悪化するとどうなるの?

産後うつは症状が進行すると、産後精神病へ移行する場合があります。

幻覚や幻聴などがみられることがあります。最悪の場合、自殺願望まで発展するケースもあります。赤ちゃんへ影響を及ぼすこともあるので、産後うつは早めの治療が大切です。

産後うつは早めに対処をすると、悪化を防止することができます。

症状を改善するために

日頃から、ストレスを溜めないことが大切です。次のことを心がけましょう。

・自分の時間を持つ
・赤ちゃんが寝たら一緒に休む
・家事や育児のサービスを検討する
・家事や子育てを完璧にしようと思わない
・パパと協力しながら、育児をしましょう
・日光を浴びる、母子ともに外の空気に触れる

その他、ひとりで悩みを抱え込まないことと、生活のリズムを整えることが大事です。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で産後うつを改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、産後うつで悩んでいる患者様を改善しています。

寝つきの悪さや気分の落ち込みが改善され、とても喜ばれた患者様がいます。
いつも暗い表情だった患者様が明るい表情へと変化しました。

産後うつでお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 産後うつ(治療院の症例ページ参考文章)