産後生理(生理不順)(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/05 (更新日:2021/08/05)

産後生理(生理不順)(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

産後生理(生理不順)ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【産後生理(生理不順)】参考文章(1,316文字)

  • 当院では、産後の生理不順で困っている方が多く来院されます。次の妊娠も考えているのに、生理不順で悩んでいた方が、ご懐妊されました。

出産後は、骨盤のゆがみやストレスの蓄積、女性ホルモンの乱れなど、様々な要因から生理不順が起きやすくなります。

産後の生理不順とは、生理サイクルの乱れのことを言います。次のような、状態が起きやすくなります。

・生理の間隔が一定ではない
・産後は月に2回、生理がくる
・生理再開後、次の生理がこない

生理不順は、次の妊娠を計画するのに支障が生じます。また、生理不順は女性ホルモンの乱れによって、心身などに影響を及ぼすこともあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

産後の生理不順の原因

様々な原因により、産後の生理不順が起きます。

産後の骨盤のゆがみ

出産により骨盤のゆがみが生じます。骨盤のゆがみは、血行不良や女性ホルモンのバランスが乱れるので、生理不順の原因となります。

無月経排卵

無月経排卵とは、生理はあるが排卵が伴っていない状態を言います。出産直後は、排卵を促すホルモンの分泌が止まっているからです。月に2回生理がくる、生理後次の生理がこないなどがみられます。しかし産後徐々に、生理不順は改善していきます。

育児ストレス

慣れない家事や育児、女性ホルモンバランスの乱れは、生理不順を引き起こす原因となります。不眠や過労の状態が続くと、生理を促すホルモンの働きが低下します。

産後の生理不順が悪化するとどうなるの?

生理不順から生理が止まってしまうこともあります。その場合は不妊になり、次の妊娠に影響が出ます。医療機関を受診し、治療が必要となります。

生理不順から女性ホルモンのバランスが乱れ、更年期症状が出現することもあります。

症状としては、頭痛・のぼせ・肩こり・疲労感・イライラ・めまい・不眠・動悸などがあります。

症状を改善するために

まずは、ママのストレスを溜めないことが重要です。次のことを心がけましょう。

・自分の時間を作る
・ぬるま湯に入浴する
・パパに育児を協力してもらう
・ときには自分へのご褒美をする
・家事や育児をひとりで抱え込まない
・赤ちゃんが寝ているときに、一緒に休む

発想を切り替え、赤ちゃんという期間は今だけです。この期間しかできないこともあります。そう思うと、赤ちゃんのお世話が楽しくなるかもしれませんね。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では産後の生理不順を改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、産後の生理不順で悩んでいる患者様を改善しています。

生理がなかなか来なくて悩んでいた方が、生理がくるようになりました。
次の妊娠の計画も立てやすくなり、喜ばれています。

産後の生理不順でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 産後生理(生理不順)(治療院の症例ページ参考文章)