産前産後の交通事故(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/09 (更新日:2021/08/08)

産前産後の交通事故(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

産前産後の交通事故ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【産前産後の交通事故】参考文章(1,040文字)

  • 当院では、産前産後の期間に交通事故で怪我をされた方が多く来院されます。つらい様々な症状が少しずつ回復されています。

産前産後の交通事故による様々な症状もつらいですが、精神的にも沈みやすいのが注意点です。

交通事故では衝撃により、首から肩、背中にかけてむち打ちの症状が出現しやすいです。
次のような症状が出現します。

・めまい
・吐き気
・痛み(首・肩・背中)
・凝り(首・肩・背中)
・首が回らない、動かすと痛い

交通事故の当日は、興奮していることもあり、症状が出現しづらいです。翌日以降から、症状が出現しやすくなります。

事故によるショックとつらい症状が出てきます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

交通事故による損傷の原因

車の衝突により、損傷が起きます。

後ろからの車の追突の場合、強い衝撃が首や肩、背中などに起こりやすくなります。

症状が悪化するとどうなるの?

事故による症状の出現から、つらさと不安も強くなります。産前の交通事故の場合、つらい症状がある中で、出産後の育児や生活への不安が募ります。

産後も交通事故による辛い症状がある中での育児と家事の生活をします。産後は女性ホルモンの分泌低下により、精神的にも不安定です。

つらい症状や不安から「うつ病」へと移行する可能性が考えられます。特に、産後は気持ちが沈みやすいので、うつ病になりやすいです。

症状を改善するために

まずは、病院もしくは整形外科を受診し、レントゲンやCTなどの検査を受けましょう。捻挫・打撲・挫傷の診断書を持参すると、施術を受けることが可能です。

事故の状況、損傷部位、症状など、丁寧にカウンセリングを行います。その後、施術でつらい症状の改善をしていきます。施術で、元々あった慢性的な肩こりが改善された方もいます。

当院では、アットホームな雰囲気の中で安心な施術と、不安な気持ちの解消も心がけております。

希望時にて妊娠中の方は臨月まで、経験豊富な院長から施術を受けることが可能です。

快適な生活を送るために

当院では、産前産後の交通事故の損傷で悩んでいる患者様を改善しています。

産前・産後ともに、交通事故でむち打ちになった患者様が改善されました。事故による症状だけでなく、不安もなくなり、明るく性格を取り戻しました。

産前は、院長の施術を希望される方もいます。
当院では、小さなお子様も一緒に来院できるよう、キッズルームも完備しています。

産前産後の交通事故によるつらい症状でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 産前産後の交通事故(治療院の症例ページ参考文章)