坐骨神経痛(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/28 (更新日:2021/08/28)

坐骨神経痛(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

坐骨神経痛ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【坐骨神経痛】参考文章(897文字)

  • 当院では、坐骨神経痛で悩み困っている方がよく来院されます。両足のしびれで歩行が大変でしたが、症状の軽減がみられてます。しびれがひどくなる前にご相談ください。

坐骨神経痛は、下半身に関する症状のため、歩行や動作に支障が出ます。日常生活にも影響を及ぼすケースが多いです。

坐骨神経痛とは、お尻から両足に沿って走行する坐骨神経による痛みです。次のような症状がみられます。

・痛くて眠れない
・足が痛くて歩きにくい
・長時間の座位と立位がつらい
・体をかがめると痛みが強くなる
・お尻から両足の先にかけての痛みとしびれ
・腰を反らすと下肢に痛みやしびれを感じる

足の痛みやしびれの症状で困っている様子が分かります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

坐骨神経痛の原因

はっきりとした原因は、分かっていません。考えられる要因としては、次のようなことが挙げられます。

  • ・加齢
    ・運動不足
    ・交通事故
    ・過度な運動
    ・肉体労働者
    ・同一体位の持続
    ・長時間のデスクワーク

体をひねるような動作や同じ姿勢、重い物を持ち上げる動作などは、坐骨神経痛を引き起こしやすいです。

そして上記の要因から、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症も発症しやすくなります。

坐骨神経痛が悪化するとどうなるの?

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の場合、進行すると次のような症状が出現します。

・尿、便失禁
・肛門の感覚まひ
・排尿や排便がでない
・尿の管(カテーテル)の挿入

坐骨神経症状の悪化に伴い、上記の症状が出現しやすくなります。これらの症状が出現すると、手術の適応も考えられます。

・症状を改善するために

坐骨神経痛には、骨盤矯正を行いましょう。

  • 坐骨神経痛の原因は「骨格のゆがみ」「腰や股関節の筋肉・筋膜のアンバランス」と考えられています。

坐骨神経痛の痛みの程度をみながら、施術で痛みとしびれの改善ができます。凝り硬くなっている腰や股関節の筋肉をほぐします。

骨格のゆがみや筋肉を整えることで、症状も改善していきます。

快適な生活を送るために

当院では、坐骨神経痛で悩んでいる患者様を改善しています。

歩くときの痛みに困っていた患者様が改善しました。
つらい症状が改善し、患者様から感謝の声が届いています。

坐骨神経痛でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 坐骨神経痛(治療院の症例ページ参考文章)