ストレートネック(治療院の症例ページ参考文章)

2021/08/15 (更新日:2021/08/14)

ストレートネック(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

ストレートネックページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【ストレートネック】参考文章(1,219文字)

  • 当院では、ストレートネックで悩んでいる方が多く来院されます。つらい首の痛みやコリが、徐々に軽減されていきました。

近年、スマートフォンの普及により、首やその周辺の痛みやコリ、ハリなどを訴える若い世代の方が増えています。

首の骨は通常「く」の字のように湾曲しています。しかし、首の骨が真っすぐになった状態をストレートネックと言います。次のような症状が出現します。

・頭痛
・不眠
・めまい
・吐き気
・肩こり
・首の痛み
・眼精疲労
・首が回りにくい

これらの症状から、勉強や仕事などに集中できないことがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

ストレートネックの原因

首は、6,7キロもある頭を支えているので、負担が大きくかかります。ストレートネックの原因は、次のようなことです。

・視力の低下
・姿勢の悪さ
・身体に合わない寝具
・長時間同じ姿勢でいること
・スポーツや事故による外傷
・下を向いてPCやスマホを見る
・加齢や運動不足による筋力低下

日々の生活習慣がストレートネックの原因へと繋がっています。

ストレートネックが悪化するとどうなるの?

ストレートネックは進行すると、頸椎椎間板ヘルニアや自律神経失調症になる可能性があります。

自律神経失調症

自律神経とは、活動時に作用する交感神経と、休息時に作用する副交感神経があります。自律神経失調症になると、交感神経と副交感神経の作用が乱れ、身体の不調が生じます。

ストレートネックが悪化すると、自律神経の乱れが生じ、体調不良が起きることがあります。

頸椎椎間板ヘルニア

ストレートネックから、椎間板の一部が正しい位置からズレ、神経を圧迫することがあります。基本的には、痛み止めなどの保存的治療ですが、悪化すると手術になる場合もあります。

症状を改善するために

ストレートネックには、骨盤矯正をしましょう。

施術をすることで、次のことを改善します。

・首の湾曲
・首の筋肉の緊張
・背骨と骨盤のゆがみ

まずは、ストレートネックの原因をみつけます。その後、ゆがみの改善、マッサージやストレッチなどを行い、血行の促進を図ります。

首だけでなく全身のバランスを整えるために、骨盤矯正を行います。

施術をすると、ストレートネックに伴う症状を改善することが可能です。

快適な生活を送るために

当院では、ストレートネックで悩んでいる患者様を改善しています。

首の痛みと吐き気が強かった患者様が改善されました。
デスクワークで下を向く作業が多い方が改善され、喜ばれております。

ストレートネックは、再発しやすいので予防にも力を注いでいます。お困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > ストレートネック(治療院の症例ページ参考文章)