頚椎症(治療院の症例ページ参考文章)

2021/09/01 (更新日:2021/09/04)

頚椎症(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

頚椎症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【頚椎症】参考文章(1,080文字)

  • 当院では、頚椎症で悩んでいる方がよく来院されます。首周辺の痛みや凝りで、デスクワークに影響が出ていた方が、徐々に回復されています。

頚椎症は加齢に関連し、女性の2倍程度、男性のほうが発症しやすい特徴があります。

頚椎症とは、頸椎の構造に変性が生じ、神経を圧迫することで様々な症状が引き起こします。

次のような症状が出現しやすいです。

・腕の痛みやだるさがある
・指先の感覚や力が入りにくい
・手先の細かい作業が困難となる
・肩から腕、指先の痛みやしびれが出る
・首の痛みと凝りが強く、同一体位がつらい

頚椎症は「頚椎症性神経根症」と「頚椎症性脊髄症」の2種類あります。

頚椎症性神経根症は、上記のような首から指先にかけての症状が出現します。

  • 頚椎症性脊髄症は、脊柱管にある脊髄が圧迫されるので、上記のような症状だけでなく、足のしびれや痛み、歩行障害なども出現する違いがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

頸椎症の原因

主な原因は加齢による老化現象で、首周りの骨の変性により筋肉や関節が硬くなることで神経を圧迫し、痛みが生じます。

発症しやすい年齢は、50代以降となります。比較的、若年層の発症は少ない傾向があります。

頚椎症が悪化するとどうなるの?

頚椎症性脊髄症は、脊髄を圧迫するので、下半身に関する症状も出現することもあります。悪化すると、排尿や排便に関する障害も起きます。

基本的に頚椎症は、保存的治療です。症状が進行すると、手術の適応になることもあります。

早期の治療が必要となります。

症状を改善するために

頚椎症を改善するためには、施術をしましょう。

症状を改善するために、首の施術を行います。その他に、背骨や骨盤のゆがみを施術で矯正もしています。

背骨や骨盤のゆがみは、首への負担をかけます。そのため、背骨や骨盤の矯正をしつつ、首の可動域も広げていきます。

施術後は、猫背なども改善され姿勢が良くなり、頚椎症の症状も軽減します。

快適な生活を送るために

当院では、頚椎症で悩んでいる患者様を改善しています。

指先の細かい作業に困難を感じていた患者様が、改善されました。
つらい症状が改善され、気持ちも明るくなりました。

今後も症状が出現しないよう、再発防止の生活指導もしております。

頚椎症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 頚椎症(治療院の症例ページ参考文章)