椎間板症(治療院の症例ページ参考文章)

2021/09/04 (更新日:2021/09/05)

椎間板症(治療院の症例ページ参考文章)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

椎間板症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【椎間板症】参考文章(1,026文字)

  • 当院では、椎間板症の痛みで悩んでいる方が来院されます。前かがみの姿勢がつらくて困っていた方が、症状の改善がみられるようになりました。

腰痛のため医療機関を受診し検査を行うと、椎間板症と診断されることがあります。

椎間板症(腰椎椎間板症)とは、腰痛が起きる疾患のひとつです。腰にある椎間板が加齢などの影響で変性して、痛みが生じやすくなります。次のような症状が出ます。

・座ると腰が痛い
・同一体位がきつい
・前かがみの姿勢がきつい
・腰の奥に重だるさを感じる
・下肢症状は基本的にはみられない
・座っているよりも立っている方が楽である

特徴として、発症年齢は10代後半からです。MRI検査で白く写るところが、椎間板症では異常部分が黒く写ります。

早期に治療をすることで、腰痛の増強を予防することが可能です。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

椎間板症の原因

様々な要因があり、次のことが考えられます。

・ストレス
・猫背の姿勢
・中腰での作業
・加齢によるもの
・腹筋や背筋の筋力低下
・股関節周囲筋の柔軟性の低下

腰への負担をかける動作や、腰周囲の筋力や柔軟性の低下などが要因として挙げられます。

椎間板症が悪化するとどうなるの?

椎間板症は、腰椎椎間板ヘルニアへ移行します。

腰椎椎間板ヘルニアになると、椎間板が突出することで、腰痛も増強します。その他に、両下肢のしびれや痛みだけでなく、排尿や排便障害まで出ることもあります。

基本的には、保存的に治療をします。なかには症状が進行すると、手術の適応になることもあります。

症状を改善するために

椎間板症の改善には、施術を行いましょう。

まずは、凝り硬くなっている筋肉をほぐしていきます。その後、筋力が低下している部分をアプローチしていきます。股関節の可動域を広げ、柔軟性を高めます。

これらの施術を行うことで、徐々に症状の改善につながります。

快適な生活を送るために

当院では、椎間板症で悩んでいる患者様を改善しています。

腰痛でデスクワークでの作業に支障が出ていた方が、改善されました。今後も椎間板症が再発しないよう、生活指導も積極的に取り組んでいます。

椎間板症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 椎間板症(治療院の症例ページ参考文章)