関節リウマチ(訪問マッサージの症例ページ)

2021/09/24 (更新日:2021/10/03)

関節リウマチ(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

関節リウマチページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【関節リウマチ】参考文章(1,244文字)

  • 当施設では、関節リウマチで悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和しています。関節のつらい痛みで困っていた方が、症状が和らぐようになりました。

関節リウマチは、関節の痛みで仕事や家事などに影響が出る疾患です。

関節リウマチとは、免疫の異常が関与し関節に炎症が生じ、痛みや腫れ、放置すると関節の変形が起きる病気です。初期は、次のような症状が出ます。

・微熱
・倦怠感
・食欲不振
・朝のこわばり
・関節を動かさなくても痛い
・左右の関節で同時に症状が出る

関節の炎症が肺や血管などにまで、広がることもあります。関節は激しい痛みがあり、苦しんでいる方が多くいます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

関節リウマチの原因

発症の原因は、免疫の異常が関与しています。

通常、免疫は外部から体の中に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、体の外へ排除します。関節リウマチでは、免疫に異常が起きているので、自分の細胞などを攻撃するので、各関節に炎症が起きます。

免疫が異常を起こす原因は、分かっていません。要因として考えられているのは、遺伝、喫煙、歯周病が挙げられます。

関節リウマチが悪化するとどうなるの?

関節リウマチは治療薬が開発され、早期に発見し治療をすると、進行を抑えることができます。

治療をせずに放置をしてしまうと、関節が破壊し動作が困難となります。すると、車椅子の使用もしくは寝たきり生活となり、身の回りのことは出来ないので、介護が必要な状態です。

寝たきり状態になると、注意が必要なのは「廃用症候群」です。廃用症候群とは、ケガや病気などの影響で安静が必要となり、身体や精神などの症状を引き起こすことです。

様々な症状があり、筋力低下、関節拘縮、認知症、うつ状態、食欲不振、誤嚥性肺炎を繰り返す、尿路感染、床ずれなどです。

廃用症候群にならないように、予防することが大切です。

症状を緩和するために

治療は、生活管理・薬物療法が中心です。患者様の状態に合わせて、リハビリテーション・手術を行います。

生活管理

規則正しい生活習慣や禁煙を行います。

薬物療法

進行を抑えるために、薬の服用は大事です。医師から処方された薬を必ず服用しましょう。

リハビリテーション

関節の機能を維持するために、行います。

手術

関節の変形や障害が残る場合は、手術を選択することもあります。

快適な生活を送るために

当施設では、関節リウマチで悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

朝のつらいこわばりで困っていた患者様の、症状の緩和がみられました。
マッサージの時間も午前中にしているので、患者様も喜んでいます。

関節リウマチでお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 関節リウマチ(訪問マッサージの症例ページ)