変形性腰椎症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/10/28 (更新日:2021/10/28)

変形性腰椎症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

変形性腰椎症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【変形性腰椎症】参考文章(1,185文字)

  • 当施設では、変形性腰椎症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和しています。疲労時の腰痛で困っていた方が、痛みの緩和がみられるようになりました。

変形性腰椎症は、加齢が主な原因で、女性よりも男性に多い疾患です。

変形性腰椎症とは、椎間板や腰椎の変化により神経や組織が刺激となり、痛みが生じる疾患です。次のような症状が出現します。

・腰痛
・腰が重い
・腰のだるさ
・足のしびれ
・排尿・排便障害が出る

腰を動かし始めるときや起床時、疲労時なども痛みが生じやすいです。初期症状は腰痛や腰のだるさなどです。悪化すると、足のしびれから排尿・排便障害が出やすくなります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

変形性腰痛症の原因

加齢が主な原因ですが、次のような要因もあります。

・腰への負荷:重労働、肥満、腰を使うスポーツ、腰の怪我
・更年期障害の女性
・骨粗鬆症

椎間板は、加齢現象として変性がみられます。さらに、上記のような要因が加わると、椎間板の変性が悪化し変形性腰椎症を発症します。

変形性腰椎症が悪化するとどうなるの?

椎間板や腰椎の変性が悪化すると、脊柱管の神経を圧迫し、神経症状が出現します。そして、腰部脊柱管狭窄症へと移行します。

腰部脊柱管狭窄症は、神経組織を刺激するので、腰痛だけでなく下肢のしびれが生じます。さらに進行すると、便秘や尿・便失禁、残尿感などの排尿・排便障害が出やすいです。

症状を緩和するために

変形性腰椎症は、老化現象のひとつです。治療の基本は「保存療法」です。症状が悪化した場合などは「手術療法」を検討します。

保存療法

・運動療法:筋力トレーニングや腰痛体操、ストレッチなど
・温熱療法:腰を温め、血行を良くする
・装具療法:コルセット装着
・牽引療法:腰を上下にひっぱる
・薬物療法:消炎鎮痛剤の外用薬、鎮痛薬や血行を良くする内服薬
・神経ブロック:痛みの部分に局所麻酔薬の注射

患者様の痛みや腰の状態に合わせた治療を行います。これらの治療で改善がみられない場合は、手術の治療も考慮します。

手術療法

手術は、患者様の状態に合わせて、選択します。

  • 除圧術:脊柱管を圧迫している骨や椎間板、靭帯などを除去します。
    除圧固定術:脊椎の固定を金属やボルトで行います。

快適な生活を送るために

当施設では、変形性腰椎症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

高齢のため、手術の適応にならない患者さまのマッサージをしています。
マッサージにて痛みが緩和し、喜ばれています。

変形性腰椎症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 変形性腰椎症(訪問マッサージの症例ページ)