変形性膝関節症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/10/31 (更新日:2021/10/31)

変形性膝関節症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

変形性膝関節症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【変形性膝関節症】参考文章(1,261文字)

  • 当施設では、変形性膝関節症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和されています。膝の関節が硬くなりで困っていた方が、緩和されるようになりました。

変形性膝関節症は、膝の痛があり日常生活へ支障が出やすいです。

変形性膝関節症とは、様々な原因から膝の軟骨がすり減り、膝に強い痛みを生じる疾患です。男性よりも女性に多く、中年期以降に発症しやすくなります。

徐々に症状は進行していき、3段階の進行度に分かれます。

初期:体を動かし始めるときに、膝の痛みが生じる、動き始めると痛みは気にならない
中期:正座やしゃがみ込む動作、階段の上り下りなどが痛む
末期:歩く、座るなど、日常生活の動作すべてに痛みが生じる

一度、すり減った軟骨は戻らないので、早期の治療をしましょう。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

変形性膝関節症の原因

原因は様々で、複数あることがみられます。次のようなことが挙げられます。

・肥満
・遺伝的要因
・加齢による関節軟骨の老化
・化膿性関節炎などの感染の後遺症
・若いころの膝の外傷(骨折、靱帯や半月板損傷など)

変形性膝関節症の主な原因や進行には、加齢や体重が関与しています。加齢により、関節軟骨が弾力性を失い、変形します。体重の増加は、膝への負担をかけるので、軟骨を損傷するリスクが高いです。

変形性膝関節症が悪化するとどうなるの? 

変形性膝関節症が悪化すると、膝の痛みから日常生活へ支障が出ます。

痛み止めの内服をしても、強い痛みが出ます。膝を曲げる動作がつらいため、自宅での生活様式も改善が必要です。例を挙げると、洋式トイレの使用、ベッドの設置、椅子の使用、入浴用の椅子などを用意します。

膝の痛みが悪化する前に、早期の治療をしましょう。

症状を緩和するために

膝の痛みを緩和するために、3つの治療があります。患者様の膝や痛みの状態に合わせて、治療法を選択します。

・痛みに対する治療(痛み止めの内服や外用薬、膝関節内にヒアルロン酸の注射など)
・手術療法
・リハビリテーションや装具の使用

手術療法は主に3つあり「関節鏡による手術」「膝周囲骨切り術」「人工膝関節手術」です。

関節鏡による手術

内視鏡にて、膝の内部をきれいにし、半月板の修復をします。

膝周囲骨切り術

骨の形を矯正し、膝周囲の骨の荷重を調整します。

人工膝関節手術

膝の痛みが強く進行している場合、人口膝関節手術が選択されます。

快適な生活を送るために

当施設では、変形性膝関節症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

両変形性膝関節症で膝関節の痛みがある患者様にマッサージを行い、症状の緩和がみられました。
マッサージの後は、膝関節の動きが良いと喜ばれています。

変形性膝関節症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 変形性膝関節症(訪問マッサージの症例ページ)