骨折後後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/10/07 (更新日:2021/10/08)

骨折後後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

骨折後後遺症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【骨折後後遺症】参考文章(1,260文字)

  • 当施設では、骨折後後遺症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和しています。下肢の脱力感で困っていた方の、症状が緩和されるようになりました。

骨折は、骨折部位が完治しても後遺症が出ることがあります。そのため、骨折前の生活に戻ることは難しいのが現状です。

骨折後後遺症とは、骨折によって起きる症状が残ることです。次のような症状が出やすいです。

・倦怠感
・脱力感
・歩行障害
・血流障害
・筋力低下
・手足の麻痺
・手足のしびれ
・活動量の低下

骨折した部位によっては、背骨の曲がりや歪み、逆流性食道炎、排便・排尿障害も引き起ります。

つらい症状を抱えながらの生活を送ることになります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

骨折後後遺症の原因

骨折により神経を圧迫することで、しびれや麻痺などの神経症状が出現します。

骨折で骨だけの損傷の場合は、神経症状は出現しません。その他、骨折により長期臥床から弊害が起きることもあります。リハビリテーションが進まず、活動量の低下から筋力低下がみられ、離床も出来ないという悪循環に陥ります。

意欲の低下もあるので、自立した生活が送れず、介護者も困ってしまいます。

悪化するとどうなるの?

代表的なのは「廃用症候群」です。骨折により体動困難から長期臥床なり、引き起こしやすくなります。

廃用症候群とは、病気やケガなどで過度な安静から、身体や精神に引き起こす状態です。様々な症状がありますが、主には筋力低下、関節拘縮、認知症、うつ状態、誤嚥、便秘、尿路感染などです。

臥床の状態が続くと、日々少しずつ色んな筋力が低下し、症状として表れます。早期の対処をしましょう。

症状を緩和するために

症状に合わせた対処となります。

主には、リハビリテーションが主体です。

筋力低下や麻痺が悪化を防止しつつ、残された機能を活かすリハビリを行います。歩行の練習やトイレ、入浴などの日常動作のリハビリなど患者様の状態に合わせて行います。
デイケアやデイサービス、訪問リハビリテーションの利用をすることも考慮してみましょう。

しびれや血流障害は、血流を改善する内服薬もあります。医師に相談してみましょう。
逆流性食道炎に対しては、医師から処方された内服薬を服用します。
排便・排尿障害に対しては、症状に合わせた対処をします。

例として、尿・便失禁にはオムツを使用し、必要時、トイレ誘導をします。

快適な生活を送るために

当施設では、骨折後後遺症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

下肢の強いしびれで苦しんでいた患者様の、症状が和らぎました。
マッサージに抵抗がある患者様でしたが、快く受けていました。

骨折後後遺症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 骨折後後遺症(訪問マッサージの症例ページ)