脊柱管狭窄症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/10/16 (更新日:2021/10/16)

脊柱管狭窄症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

脊柱管狭窄症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【脊柱管狭窄症】参考文章(1,206文字)

  • 当施設では、脊柱管狭窄症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和されています。下半身の痛みやしびれで困っていた方の症状が、緩和されるようになりました。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う要素があり、50歳以上の方が発症しやすい特徴があります。

脊柱管狭窄症とは、背骨に脊柱管というトンネル状の構造に神経の束があり、その部分が狭くなることで症状が出現します。狭窄する部位は、頸部、胸部、腰部があります。代表的なのは、腰部脊柱管狭窄症です。次のような症状が出現します。

・下肢に力が入らない
・手足の痛みやしびれ
・後ろに反る体勢がつらい
・指の細かい動作がしにくい
・歩くと下肢の痛みやしびれが出る
・少し休むと良くなり、その繰り返しがある

症状が進行すると、排尿や排便障害がみられます。症状は、尿・便失禁や残尿感、頻尿、便秘などがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

脊柱管狭窄症の原因

最大の原因は、加齢によるものです。加齢や仕事による負担で、骨や靱帯の変形から脊柱管が狭窄し、神経を圧迫します。

まれに、生まれつき脊柱管が狭い、または成長期に脊柱管が狭くなることもあります。

悪化するとどうなるの?

悪化をすると、まずは歩行に支障が出ます。

下肢の痛みやしびれから、休憩をとりながら歩行することになります。そのため、外出時の歩行は困難で、車いすの使用が考えられます。室内の歩行も、下肢の痛みやしびれでつらく感じるでしょう。

さらに悪化すると、排尿や排便障害も生じます。症状に合わせた対処も必要となります。

症状を緩和するために

治療は「保存療法」と「手術療法」に分かれます。

保存療法

保存療法は対処療法であり、根本的な治療ではありません。下記のような治療があります。

・薬物療法:消炎鎮痛剤の外用薬、鎮痛薬や血行を良くする内服薬
・神経ブロック:痛みの部分に局所麻酔薬の注射
・装具療法:コルセットの装着
・リハビリテーション:ストレッチなどで腰回りの筋力の維持

これらを実施しても症状の改善がみられない場合は、手術を検討することもあります。

手術療法

手術は、主に2種類あります。

除圧術

脊柱管の狭窄の原因になっている骨や靱帯などを取り除き、神経の圧迫を軽減します。

除圧固定術

脊柱管を広げ、金属やボルトで固定します。

快適な生活を送るために

当施設では、脊柱管狭窄症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

下肢しびれが強くて困っていた患者様が、マッサージにて緩和されています。
マッサージ後は、歩行もスムーズになるため、大喜びです。

脊柱管狭窄症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 脊柱管狭窄症(訪問マッサージの症例ページ)