変形性脊椎症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/11/23 (更新日:2021/11/23)

変形性脊椎症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

変形性脊椎症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【変形性脊椎症】参考文章(1,256文字)

  • 当施設では、変形性脊椎症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和しています。腕の痛みやしびれで困っていた方の、症状が緩和されるようになりました。

変形性脊椎症は、要因に加齢現象があり、50歳以上の方が発症しやすいです。

変形性脊椎症とは、脊椎を構成する椎体の間にクッションの役割をしている椎間板に変化が生じることです。

変形性脊椎症は3つの発症部位に分かれ、頸椎・胸椎・腰椎があります。発症頻度が高いのは、腰椎です。それぞれ、次のような症状が挙げられます。

頸椎

・首の痛みや凝り
・腕の痛みや脱力感、しびれ

胸椎

・背部痛
・しびれ感
※自覚症状がない場合もあります。

腰椎

・腰痛
・下肢の筋力低下
・足の痛みやしびれ

痛みやしびれの症状がつらく感じ、日常生活にも影響が出ることもあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

変形性脊椎症の原因

主な原因は、加齢によるものです。その他にも要因があり、次のようなことが挙げられます。

・禁煙
・肥満
・重労働
・激しく動くスポーツをしていた

加齢現象に加えて、上記のような負荷がかかると、発症しやすくなります。

変形性脊椎症が悪化するとどうなるの?

頸部の変形性脊椎症が悪化すると「頚椎症性脊髄症」、腰部の変形性脊椎症が悪化すると「腰部脊柱管狭窄症」を発症します。

頚椎症性脊髄症

頸椎が変形し、脊髄がある脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される疾患です。初期症状は、手足のしびれや筋力低下ですが、悪化すると運動麻痺、尿や便失禁がみられます。基本的に、保存療法を行いますが、場合によっては手術を検討することもあります。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され症状が出現します。腰の痛みやしびれがひどく、休みながらの歩行となります。神経症状が悪化すると、排便や排尿障害が出やすいです。治療は保存療法ですが、手術になることもあります。

症状を緩和するために

治療の基本は、保存療法です。患者様の状態に合わせた治療を行います。次のような治療があります。

・禁煙や体重の管理
・薬物療法:鎮痛薬、筋弛緩薬の内服
・神経ブロック:痛みの部分に局所麻酔薬の注射
・装具療法:コルセットの装着
・温熱療法:患部を温め、血流を良くする
・リハビリテーション:ストレッチなどで腰回りの筋力の維持

保存療法で効果がみられない場合は、手術を検討することもありますが、頻度は少ないです。

快適な生活を送るために

当施設では、変形性脊椎症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

マッサージにて、腰から足の痛みやしびれが緩和し、喜ばれています。
患者様からは、下半身の重さやだるさも緩和し、動きやすくなると言われています。

変形性脊椎症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 変形性脊椎症(訪問マッサージの症例ページ)