脳性麻痺(訪問マッサージの症例ページ)

2021/11/14 (更新日:2021/11/14)

脳性麻痺(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

脳性麻痺ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【脳性麻痺】参考文章(1,265文字)

  • 当施設では、脳性麻痺で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで症状を緩和しています。四肢の麻痺でだるさに困っていた方が、症状の緩和がみられるようになりました。

脳性麻痺とは、出生時のころから障害が発症し、一生向き合う必要があります。患者様だけでなく、家族へのケアも求められます。

脳性麻痺とは、何かの原因で妊娠中から出産前後に、脳を損傷し後遺症が残ることです。

主な症状は運動機能障害で、障害の型が3つあります。脳の損傷した部位によって、症状がことなります。

痙直型:手足のこわばりで硬くなる
失調型:バランスがとりにくい
アテトーゼ型:手足が過剰に動く

その他にも脳の損傷した部位により、次のような症状が出ます。

  • ・言葉が話せない
    ・食べ物が飲み込みにくい
    ・「てんかん」により痙攣が起こることもある
    ・知的機能が低く、年齢相応の行動ができない

運動機能の障害で日常生活動作に影響が出てしまいます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

脳性麻痺の原因

脳性麻痺の引き金は、脳の奇形や脳損傷です。妊娠中、出生時、出生後の期間で原因が異なります。それぞれ、時期ごとに表記します。

妊娠中

・風疹 ・トキソプラズマ症 ・ジカウイルス・サイトメガロウイルスの感染
・遺伝子の異常

出生時

・分娩中の酸素欠乏
お産時に、陣痛があるも胎児が出てこない状態が続くと、酸素が欠乏しやすい

出生後

・未熟児
・核黄疸

2歳までに、外傷や重度の脱水、髄膜炎、敗血症などを発症すると、脳への損傷から脳性麻痺が起こることがあります。

脳性麻痺が悪化するとどうなるの?

最も症状が重い場合は、次のような症状が出ます。

・知的障害
・けいれん発作を繰り返す
・食べ物がむせやすく、誤嚥により肺炎を繰り返す

誤嚥を繰り返すことにより、経口摂取が困難になり、胃ろうからの栄養注入をすることもあります。肺への損傷から呼吸困難が生じることもあります。

症状を緩和するために

損傷を受けた脳細胞は、修復することはできません。そのため、治療法は対処療法が基本となります。下記のような治療を行います。

リハビリテーション

筋力の低下や関節の拘縮の予防や日常生活動作に関するリハビリテーションを行います。障害された機能の悪化を防止しつつ、残された機能の維持するために行います。

飲み込みや話すことに関するリハビリテーションは、言語聴覚士のもとに行います。

神経ブロック療法・ボツリヌス(ボトックス)治療

手足のつっぱりや筋肉の興奮を抑えるための治療です。

快適な生活を送るために

当施設では、脳性麻痺で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

手足のこわばりが強く困っていた患者様の症状が緩和されました。
訪問マッサージの日を楽しみにされています。

脳性麻痺でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 脳性麻痺(訪問マッサージの症例ページ)