脳出血後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/11/07 (更新日:2021/11/06)

脳出血後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

脳出血後遺症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【脳出血後遺症】参考文章(1,356文字)

  • 当施設では、脳出血後遺症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで、症状を緩和しています。右側の麻痺があり、痛みやしびれで困っていた方が、症状の軽減がみられています。

脳出血は、治療をしても、後遺症が残ってしまいます。後遺症である体の麻痺や感覚障害などと、向き合いながら生活する必要があります。

脳出血とは、脳の血管が破れることで発症します。血管の損傷した部位は、脳の細胞のダメージが生じ、後遺症が残ります。後遺症は、次のことが挙げられます。

・言葉が出ない
・呂律が回りにくい
・触覚や痛覚が鈍くなる
・記憶力や注意力の低下
・食べ物が飲み込みにくい
・上下肢部分の麻痺
・片側の上下肢部分が麻痺しやすい

症状は、損傷した部位により異なります。脳出血は、何かしら後遺症が残るので、機能が低下しないよう予防することが必要です。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

脳出血後遺症の原因

脳出血の主な原因は、高血圧です。血圧の上昇から高血圧性脳出血を引き起こします。

その他の原因には、脳動脈の奇形や腫瘍などもあります。

脳出血は、脳の動脈が破裂することで、細胞を損傷します。損傷したところは、修復しないため、後遺症として残ります。

脳出血後遺症が悪化するとどうなるの?

代表的なのは「廃用症候群」です。廃用症候群とは、過度の安静や活動の低下にて、身体の様々な機能が低下することです。

症状としては、筋や骨の萎縮・心機能の低下・起立性低血圧・肺炎・うつ状態・床ずれなどがあります。

脳出血後遺症の方は、運動麻痺や感覚障害などの影響で、活動量が低下しやすいです。廃用症候群を予防する必要があります。

症状を緩和するために

後遺症に対するリハビリテーションを行い、症状の緩和をします。リハビリテーションは、「運動機能」「言語・嚥下機能」「脳の機能」に関することに分かれます。

運動機能

運動機能に障害が出ているところに対し、リハビリを行います。リハビリは、状態に合わせて下記のようなことをします。

  • ・基本動作:立つ、座る、起き上がる
    ・歩行訓練:バランスの保持、杖や歩行器を用いた訓練
    ・日常動作:トイレ、入浴動作
言語・嚥下機能

主に、話すことや食べ物を飲み込むためのリハビリを行います。リハビリの内容は、下記のようなことです。

  • ・発声するために舌・口・のどの筋肉を動かす
    ・凍らせた綿棒で喉の奥を刺激する
    ・食事形態で飲み込む訓練
脳の機能

記憶力や注意力の低下など、その方に合わせたリハビリを行います。例を挙げると、下記のようなことをします。

  • ・反復行動をする
    ・プリント学習やゲームなど、教材を用いた学習

リハビリテーションは、患者様の状態に合わせて行います。

快適な生活を送るために

当施設では、脳梗塞後遺症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

マッサージにて、関節の動きが良くなり、痛みも軽減した患者様がいます。
洋服の着脱もしやすくなり、患者様も喜んでいます。

脳梗塞後遺症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 脳出血後遺症(訪問マッサージの症例ページ)