脳梗塞後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/11/03 (更新日:2021/11/03)

脳梗塞後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

脳梗塞後遺症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【脳梗塞後遺症】参考文章(1,480文字)

  • 当施設では、脳梗塞後遺症で悩んでいる方の訪問リハビリ・マッサージで、症状を緩和しています。麻痺側のリハビリを拒否していた方が、マッサージで麻痺側の拘縮を予防することができました。

脳梗塞は、脳の血管へのダメージのため、後遺症が残ります。体の麻痺や感覚障害などに対し、マッサージなどで症状を緩和する必要があります。

脳梗塞とは、脳の血管が狭くなる、もしくは塞がることで発症します。脳の血管へのダメージから、後遺症が残ります。損傷した部位によって症状は異なり、次のような症状が出現します。

・呂律が回りにくい
・言葉が出てこない
・物が二重に見える
・触覚や痛覚が鈍くなる
・記憶力や注意力の低下
・食べ物が飲み込みにくい
・感情のコントロールができない
・上下肢部分の麻痺、片側の上下肢部分の麻痺が生じやすい

後遺症により、日常生活の中で何かしらの支障が出ます。患者様も思い通りの生活が出来ないことから、つらい思いをしています。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

脳梗塞後遺症の原因

脳梗塞は「脳血栓症」と「脳塞栓症」の2種類に分かれ、原因が異なります。それぞれ、お話します。

脳血栓症

脳血栓症は、血液のかたまり血栓の形成から、血管が詰まることで発症します。主な原因として、動脈硬化が挙げられます。

脳塞栓症

脳塞栓症は、心臓疾患で形成された血栓により、脳血管を塞ぐことで発症します。主な原因は、心臓弁膜症や不整脈である心房細動などです。

脳梗塞後遺症が悪化するとどうなるの?

注意が必要なのは「廃用症候群」です。廃用症候群とは、病気やケガなどにより、過度の安静や活動の低下で起こる状態です。

症状としては、筋や骨の萎縮・心機能の低下・起立性低血圧・肺炎・食欲不振・便秘・うつ状態・床ずれなどがあります。

脳出血後遺症の方は、後遺症の影響で活動量が低下しやすいです。日常生活の中から、廃用症候群を予防する必要があります。

症状を緩和するために

後遺症に対しては、リハビリテーションを行います。リハビリテーションは患者様の状態に合わせ「運動機能」「言語・嚥下機能」「脳の機能」この3つの中から実施します。

運動機能

運動機能の障害や程度に合わせて、基本動作や生活動作のリハビリを行います。リハビリは、下記の内容のようなことをします。

  • ・基本動作:立つ、座る、起き上がる
    ・歩行訓練:バランスの保持、杖や歩行器を用いた訓練、車椅子への移動
    ・日常動作:トイレ、入浴動作、着替え
言語・嚥下機能

主に、話すことや食べ物を飲み込むためのリハビリを行います。リハビリは、下記の内容のようなことをします。

  • ・発声するために舌・口・のどの筋肉を動かす
    ・凍らせた綿棒で喉の奥を刺激する
    ・食事形態で飲み込む練習
脳の機能

記憶力や注意力の低下など、その方の状態に合わせたハビリを行います。例を挙げると、下記のようなことをします。

  • ・繰り返し同じ行動をする
    ・レクリエーション活動をする
    ・プリントや積み木など、教材を用いた学習

快適な生活を送るために

当施設では、脳梗塞後遺症で悩んでいる患者様の症状を緩和しています。

マッサージにて、麻痺側の痛みが緩和するので、患者様も喜んでいます。
「訪問マッサージの日が待ち遠しい」と言われました。

脳梗塞後遺症でお困りの時は、当施設へご相談ください。

TOP> > 脳梗塞後遺症(訪問マッサージの症例ページ)